I am__

I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

和のあかり × 百段階段展へ行ってきた

こんばんは、葵です。

ラトリエモトゾーで苺パフェを食べた後、ホテル雅叙園で行われている「和のあかり×百段階段展」へ行ってきました!

 

和のあかり × 百段階段展へいってきた

f:id:a418:20170717010344j:image

去年SNSで見て行ってみたかった、和のあかり展

どうしても見てみたい!と彼に伝えたところ、連れて行ってくれました。

 

和のあかり展とは?

東京都指定有形文化財 であるホテル雅叙園の「百段階段」に、青森のねぶたなど「和のあかり」が展示されるイベント

文化財を昔ながらの和のあかりや現代アートが優しく照らし、楽しくて不思議な空間が出来上がっています。

 

金魚ねぶた

f:id:a418:20170717011107j:plain

百段階段を上がる前にいる、金魚たち

東北出身の彼曰く「金魚ねぶた」と言って、真っ赤な金魚が何段にもぶわーっと飾られるのだとか。

風が吹くたびふわりふわりと揺れて、気持ちよさそうに泳いでるよう。

 

百段階段

f:id:a418:20170717010357j:image

踊り場などを含め、階段が百段続いています。

左横には段数が書いてあり、確認しながら楽しく登りました。

 

f:id:a418:20170717005529j:plain

階段の右端にはこけしがちょこん。

様々な色や表情をしたこけしがいて、見ていて飽きないです。

お布団で寝ている子などがいましたが、私のお気に入りはお姉ちゃんの後ろに隠れるこけし

 

鬼瓦

f:id:a418:20170717005541j:plain

あかりに照らされて、顔の影が濃くなる鬼瓦

型を使わず手作りされたのかな?彫った線が繊細だけど荒々しくてかっこいい。

特に迫力満点だった、閻魔様のような鬼瓦をぱしゃり!

 

切り絵

f:id:a418:20170717005614j:plain

切り絵で動物たちが書かれたゾーン

床には人工芝が敷いてあって、なんだかメルヘンな雰囲気です。

お気に入りは魚が集まって大きな魚になっている作品と、大きなクマの顔!

これはぜひ、自分の目で確かめてみてください。

 

ねぶた

f:id:a418:20170717010328j:plain

人生で初めて見る、ねぶた

ぼわんと怪しげに光る、迫力満点のねぶたがかっこいい!

初めて見たけれど、和紙に光が吸収されてぼわわんと光るのが、なんとも怪しげ。

 

また、展示されている百段階段の部屋がかっこいい!

金色に光る壁と、牡丹や桜などが彫刻されている天井に、ねぶたの光が反射してこれまた怪しげに輝いていて素晴らしい。

 

草と電球

f:id:a418:20170717005552j:image

ススキやひょうたんなど、自然のものとあかりを合わせた展示

自然のものとあかりって、発想がおもしろいなあ。

 

特にお気に入りが鬼灯

f:id:a418:20170717235002j:image

紅くきらめいて、不思議な魅力を放っています。

鬼灯の葉脈ってこんなにきれいだったのか…と思う作品。

 

ほかにも…

f:id:a418:20170717234902j:plain

和紙で作られた金魚たち

その下にある桜の浮かぶ波紋のようなガラスが、きらきらといろんな色に変わっていきます。

 

f:id:a418:20170717234934j:plain

ステンドグラスで和のモチーフを描いていて、とても綺麗でした。

 

f:id:a418:20170717234943j:plain

江戸切子の飾ってあるガラスに反射したステンドグラスもきれい。

和洋折衷だなぁと、一人シャッターを切ったのでした。

 

階段を百段上がりきると…

f:id:a418:20170717010335j:plain

天井からつるされたたくさんの風鈴

その奥には青いタイルが綺麗な間が。

青い光に照らされて、紅葉やススキが飾ってあって、とても素敵です。

 

f:id:a418:20170717234802j:image

奥には生け花が飾ってあり、その前を鳥がふわりふわりと飛んでいます。

 

f:id:a418:20170717234826j:image

気泡が入ったガラスが、本物の雫のように見える作品

このガラスが綺麗で、ずっと見とれていました。

 

おわりに

f:id:a418:20170717235006j:plain

ここ最近見に行った現代アートや美術展で一番楽しめました!

現代アートがさっぱりわからない 美術館嫌いな彼も、大満足な展示でした。

身近にあるものを使っていたり、題材がなじみ深かったり、写真を撮ってもOKという「親しみやすさ」があるので、美術展はちょっと…という人にも楽しめる展示会になっていると思います。

 

また、百段階段自体もとても綺麗で、展示を邪魔せず馴染んているのがすごいなって思いました。

作品だけでなく、壁や天井にも注目して、ゆっくり展示を楽しむといいと思います。

 

階段を100段も上がるの!?と思うかもしれませんが、作品を見るためちょこちょこ部屋に入るので、階段を上っているしんどさは感じませんでした。

 

8月27日まで開催していますので、ぜひ行ってみてください。

百段階段は土足厳禁なので、着脱しやすい靴で行くことをおすすめします。

和のあかり×百段階段展2017 ~日本の色彩 日本の意匠~ | 百段階段イベント | ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)

 

お題「印象に残っている展覧会」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

aoi ∴

広告を非表示にする