I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

どんなときも。

こんばんは、葵です。

最近のわたしのテーマソングがこれ。

槇原敬之さんの「どんなときも。

 

揺らぐ自分に踏ん張る力をくれる曲

f:id:a418:20180328224826j:plain

amazon musicで再会した「どんなときも。」

曲は知っているけれど、いまいち歌詞をしっかり聞いていなかったのですが、通勤途中に聴いて朝からぐっときたのでした。

 

忙しい大人、頑張る大人のための曲

忙しすぎて、心を亡くし、自分を見失う大人への曲だなって思うのです。

 

この曲はどの歌詞をとっても心にぐっとくるのだけれど
とくにこの部分はこころの深いところに沁みていく感覚でした。

どんなときもどんなときも
僕が僕らしくあるために
「好きなものは好き!」と
言えるきもち抱きしめてたい
どんなときもどんなときも
迷い探し続ける日々が
答えになること僕は知ってるから

忙しいと、自分の好きなものすら思い出せなくなる。

人と会話を合わせることを重視しすぎて、自分の好きが死んでいく。

 

でも、自分が自分らしくあるために、自分の好きを大切にしていたい。

人と違うものを好んで理解されず、それが寂しくもあり誇らしくもあった思春期。

ひとりで大切に育んでいた感性を隠さず、堂々としていたい。

わたしはこれが好きなんだ、と人に伝え続けたい。

 

 

「迷い探し続ける日々が 答えになること僕は知ってるから」

っていう歌詞が、日々もがく自分を肯定してくれているようで心地いい。

 

おわりに

軸を見失うことなく頑張りたいと思う自分と、それでも変わりたいともがく自分。

どちらも大切に、どんなときも前を向いて進んでいきたいと思わせてくれる、おとなにエールを送ってくれる曲だなと思うのです。

 

 

なにより、この曲1991年リリース。

わたし、まだこの世に生まれてきていないのだからびっくり。

 

いま聞いても、全然色褪せず、心に残る名曲。

今日も今日とて、この曲を聴きながら梅田の街を闊歩するのです。