I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

憧れのblue note東京で大人デートを楽しんできた

こんばんは、葵です。

死ぬまでにやりたいことリストに入れていた、ブルーノート東京へ行ってきました。

しっとり大人のデートを楽しみたい人におすすめです。

 

憧れのblue note東京で大人デートを楽しんできた

f:id:a418:20180515003249j:image

高校時代からゆるりとジャズをかじっています。

誰か特定の好きな人がいるというわけではなく、この曲ならこの人といった感じで、いいものをつまみ食いしています。

 

なので、誰か特定のアーティストのジャズを聴きに行くという発想がなかったのですが、お友だちの結婚式の引き出物にブルーノートギフト券を発見し、背中を押されて。

 

ブルーノート東京

f:id:a418:20180515003307j:image

ジャズを聴かない彼を連れて、ブルーノート東京へ。

南青山のおしゃれな街並みに、ブルーノートのネオンが輝いています。

 

今日のアーティストは「ベニー・ゴルソン

f:id:a418:20180515003106j:image

ウィスパーノットで有名なサックスプレーヤー。

わたしはベニー・ゴルソンの枯葉という曲が好きでよく聞いていて。

遠い海外のアーティストだと思っていた人に会えるのが、もう感動!

 

中もかっこいい

f:id:a418:20180515003127j:image

重厚なドアを開けてはいると、有名なジャズ演奏者がずらり。

もう、この空間にいるだけでうっとりしてしまいます。

 

ステージは地下に

ステージのある地下へと続く階段をおりて、受付へ。

なかなか訪れる機会もないからと、指定席を予約してくれた彼に感謝!

座席指定の人は待つことなく入場できました。

 

GWということもあり、大賑わい。

開場とともに訪れたのに、すでにフロアは半分ほど埋まっていました。

 

f:id:a418:20180515003144j:image

レコードの形をしたチケットを渡され、席へ。

こんなところもおしゃれ!

 

 f:id:a418:20180515003325j:image

ステージが見渡せる、少し引いた席。

通路側だったので、後ろのお客さんを気にすることなく見ることができました。

 

ドラムセットがすぐ近く!

そして、ゴルソンのサックスもこんな近くに…!
(左に小さく映るサックスを演奏していました!) 

 

軽食がおすすめ

f:id:a418:20180515003201j:image

席についたら、お酒とお料理を。

「コースを頼んでも食べきれないから、おつまみで十分」というアドバイスを事前にいただいていたので、ブルーノート名物スウィングポテト。

一番搾りとオリジナルカクテルで乾杯して、ほろ酔い気分でジャズを楽しみます。

 

生演奏は鳥肌…!

f:id:a418:20180515003217j:image

ステージと客席が近い!

ゴルソンの低くて心地いいベルベットボイスにうっとり。

ゆったりとした英語は聞き取りやすくて。時々ジョークを交えつつ、笑いを誘う場面がたくさんありました。

 

演奏された曲は、ウィスパーノットやA列車で行こうなど、有名どころがたくさん!

曲にゆかりのあるアーティストとのお話も聞けて、なんだか、胸が熱い。

 

ドラムセットに近かったこともあり、ドラマーさんにくぎづけに!何度か目があって、にっこり笑いかけてもらいました。

 

 

演奏が終わるころには、ほうっとため息。

なんだか胸がいっぱいで、感動というか、なんというか…

語彙力が乏しく表現できませんが、とにかく素晴らしい1時間を過ごせました。

 

おわりに

f:id:a418:20180515003236j:image

南青山、ジャズというワードでびびっていましたが、割とラフに音楽を楽しみに来ている人も多かったイメージ。

 

びしっとスーツは着ず、ジャケットをさらりと羽織ったり、ワンピースに革ジャンでカジュアルダウンさせたりくらいでよさそうです。

 

お料理もゆっくり食べるのは難しそう…

演奏中食べないと、デザートにたどり着かないけれど、かちゃかちゃ鳴らしちゃうと気まずそうでした。

軽食をいただいて、その後ディナーがスマートかな…?

 

しっとり大人の遊び方。

あまり構えすぎず、ゆったり楽しむのがよさそうです。

ジャズがわからなくても、生演奏は鳥肌!

ぜひ一度、ブルーノートでジャズを聴いてみてはいかがでしょうか?