I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

わたしがあなたを好きな理由を考えてみた

こんばんは、葵です。

6月12日は、恋人の日なのだそう。

全国額縁組合連合会が1988年から実施。 ブラジル・サンパウロ地方では、縁結びの聖人アントニウスが歿した前日の6月12日を「恋人の日」として、恋人同士が写真立てに写真を入れ交換しあう風習があることから。

6月12日 今日は何の日〜毎日が記念日〜

2人で写真を贈り合う、素敵な日。

そういう趣旨とはつゆ知らず、取り急ぎ写真を送りつけた昨日。

今日はせっかくなので、思いっきりのろけてみたりしてようかなと。

 

わたしがあなたを好きな理由を考えてみた

f:id:a418:20180613234657j:plain

字が綺麗

さらさらと書いて綺麗な、大人っぽい字が好きです。

彼の字は初めて見た時に綺麗だなと思い、名前も知らないのに思わず褒めたほど。

 

おおらかなところ

本当に穏やかで、声を荒げたり、ムスッとしたりすることがほとんどない彼。

ついついピリピリしてしまうわたしだけど、のんびりしている彼を見ると、イライラしていた気持ちがしぼんでいく。

 

適度に気を使えるところ

あからさまに気を遣わず、相手に気を使っているのを悟られないように使える人。

わたしが彼のことを好きになったのも、 気を使えるところが理由だったりする。

普段の適当な性格も相まって、まさか彼が気を使ってると思われないのが玉に瑕だけれど…彼のその優しさはわたしが気づいていれば十分だと思う。

 

グルメなところ

食べログ信者で、暇さえあれば美味しそうなお店をストックしている彼。

そのおかげで、毎回バラエティに富んだ、美味しいごはんを食べられています。

本人はグルメと言い張るけれど、なんでも美味しく食べられるので、わたしの手料理もなんでも美味しいとたくさん食べてくれる。優しい。

 

行動するのをためらわない

「人にどう思われるだろう」「失敗したら嫌だな」「無駄足になるのは嫌だからやめよう」と頭でぐるぐる考えて、結局行動に移さないわたし。

彼はとりあえず動く、とりあえず人に聞く、自分がいいと思うものを選ぶという人。

わたしがうじうじ言っている間に調べてくれたり、電話して確かめてくれたり、行動するのをためらわないところが、わたしになくてかっこいいなと思うのです。

 

とにかく、優しい

眠くても、しんどくても、相手のことを思いやれる人だと思う。

そういう、自分がすこぶるすぐれないときって、その人の素に近い部分が出がちだと思う。わたしの寝起きはすこぶる性格が悪いし…

 

自分がしんどくても「どうしたの?」を声をかけて手伝ってくれる優しいところは、本当に見習いたい。

 

 

書き出したら止まらなかった。

なんでここをチョイスしたの?と思うようなところを好いていて、自分で書いていて変わっているなと思った。

こうしてみると、彼の内面をどんどん好きになっているなぁとしみじみ。

 

理想とは違うけれど…

今まで好きになった男性は、千葉さんとは正反対の人ばかり。

神経質で真面目で几帳面でマジメな人。

 

まさか、のんびりマイペースで人目を気にしない人と付き合うなんて…

昔の自分が聞いたら、驚くだろうな。

 

昔は、自分と近い雰囲気の人を探していたけれど、大人になってみると、足りないものを埋めあえる関係が心地いいことに気が付いた。

自分にないものをたくさんもっている彼は、わたしにとって憧れでもあります。

 

わたしのでこぼこを埋めるために、わりと彼に無理をさせている現状。

気圧によって機嫌が変わるわたしに、嫌な顔せず付き合ってくれる彼は仏のよう。

これからはわたしが彼のでこぼをこ埋められるように、ふたりで柔軟にやっていければなと思うのです。

 

 

来年の恋人の日には、フォトフレームに入った写真を贈りたいと思います。