I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

だめな自分も肯定してあげたい

お久しぶりです、葵です。

時間に身を委ねるというよりも、しがみつくに近い今日この頃。

時間に置いてけぼりにされないよう、なんとか暮らしています。

 

辛うじて人間の姿をとどめている感じ。この感じ、なんだかすこし、休職前のいっぱいいっぱいの自分に似ている。

 

ダメな自分も肯定してあげたい

f:id:a418:20180721004750j:image

日々、やりたいことは浮かんでくる。

家に帰ったらこれをやろう、お休みにはここへ行こうと、楽しいことを考える元気はあって。

 

なんなら、お仕事は絶好調で。苦手意識を持っていた業務がスムーズに出来るようになったり、お客様に対応の良さを褒められたり、上司に頼りにされるようにもなっている。

 

 

こんなにも絶好調なのに…

お仕事の時間はアドレナリンが出ているのが、なんでも上手くこなせるような気がする。実際に上手くこなしている。

 

でも、帰り道に元気を少しずつ落っことして、お家に帰る頃には、もうなんとかヒトのかたちを保った抜け殻が出来上がっている。

 

ご飯を食べて、お風呂に入って。それだけしかしてないはずなのに、気がつけば深夜1時。

またある日は、帰宅後、ベッドに倒れ込んで泥のように眠り、0時に目を覚まして落ち込む。

 

オンとオフのギャップに、悩まされる。

やりたいことが湧いてくる分、何もできずに終わるのが、ものすごくストレスになっている。

 

それでも、ダメじゃない

それでも、そんなわたしでも褒めてあげたい。

そんなふうに思うのです。

 

思えば、一年前はヒトの姿すら保てていなくて、息を潜めていた。

毎日「生きるのって大変」とひとりごちていた。お仕事を休んでいる自分を責めて、やりたいことなんてなくて、何を楽しみにしたら良いかわからなかった。

 

 

セルフネグレクト ってこのことかしら?

 

 

そう考えたら、今のわたしはうんと頑張っている!

 

褒める基準はうんと低く

ついつい完璧な自分を追い求めてしまって、追い詰められて、しんどくなってしまう。

そういう性分なので、それは仕方がないかな。

 

目標を高く持つことは、間違ってないと思う。

けれど、そこに至るまでに、たくさん褒めてあげるべきだとも思う。

 

朝起きられていること、毎日身だしなみを整えていること、満員電車に揺られてること、一駅歩いてること…

小さなことでも、たくさん褒めて、自分はできると脳にインプットさせる。

 

出来なかったことよりも、出来たことに目を向けて、日々の充足感を噛み締めたい。

たくさん褒めて、日々の活力にしていく。

 

 

自分が、自分の一番の味方でありたい。

そんなふうに思う、今日この頃。