I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

蔵前で過ごす、わたしの短い夏休み

こんにちは、葵です。

世間のお盆休みより、少し前倒しでおやすみをいただいて。

もう一度訪れたいと思っていた、お気に入りの街を散歩してきました。

 

蔵前で過ごす、わたしの短い夏休み

f:id:a418:20180813133316j:image

彼の家から電車で一本。

以前来たときは、ずいぶんと遠い場所に来たものだと思っていたけれど、案外こんなに近くにあったんだ。

遠くの街に 冒険しに来たつもりでいたのに、拍子抜け。

 

蔵前マップ

たしか、去年もいただいた可愛いマップ。

蔵前をはじめ、浅草、両国のお店や神社がたっぷり載っています。

今回もこのマップを片手に。

f:id:a418:20180813133306j:image

マップにも書かれていたけれど、蔵前はものづくりの街として有名。

最近では若いアーティストさんも増えて、おしゃれなカフェやお店が、街のいたるところに散りばめられています。

 

でも、おもちゃの卸問屋や、印刷工場など、昔ながらの下町情緒も残っていて。

日本のブルックリン」なんて言われるのも納得。


f:id:a418:20180813133510j:image

去年来た、ダンデライオンチョコレート

おしゃれなお店でドキドキしたっけ。

平日ということもあり、人も少なで、のんびりとした雰囲気でした。

 

f:id:a418:20180813130120j:plain

疲れたらカフェで休憩。

去年はすこし尻込みしてしまったお店に、ひとりで入ってみる。


f:id:a418:20180813133403j:image

以前の場所から移転されたカキモリさん。

でも、やっぱり中に入るとなんだか懐かしい気持ちになる。



f:id:a418:20180813133449j:image

訪れるのは二度目なのに、なんだか懐かしい気分になる。

見知ったような風景。子どもの頃をここで過ごしたような、センチメンタルな気分。

 

 

f:id:a418:20180813133740j:image

蔵前に来るのは1年ちょっとぶり。

前来たときはどん底で、1年後どうなっているかなんて想像もつかなかった。

そんなわたしが今、公私ともに充実した気持ちでいられているのが不思議。

 

 

おしゃれなお店となつかしい風景は、ホッとするなかにドキドキがあって。

路地に入れば、嬉しい発見もあったりして、ちいさな冒険のよう。

 

お題「もう一度行きたい場所」