I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

何はなくとも月を見上げて

こんばんは、葵です。

今日は35年ぶりの珍しい月が見られました。

 

欠けては満ちていく

太陽と地球と月が一直線に並ぶ、皆既月食。

3年ぶりの皆既月食ですが、今年はとても珍しい月なのだそう。

 

月が大きく見える、スーパームーン

満月が一ヶ月で2回も訪れる、ブルームーン

皆既月食によって赤銅色に染まる、ブラッドムーン

三つの現象が一度に起こる「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」なのです!

日本では35年ぶりなんだとか。

 

月を眺めてみる

f:id:a418:20180131234506j:image

20:30ごろからじわりじわりと欠けだす月。

 

f:id:a418:20180131234515j:image

 

 

f:id:a418:20180131234524j:image

肉眼でもしっかりと確認できるほどに。

 

f:id:a418:20180131234533j:image

すっかり欠けているものの…

もやもやっと霧のような雲がかかり、写真で撮ってもぼんやりとしています。

 

今夜の大阪は、薄曇り。

ちょうどこれから皆既月食というときに、雲が広がってしまいました。

 

それでも、姿を現して

f:id:a418:20180131235237j:image

空はあいにくの曇り空ですが、度々ひょっこりと顔をのぞかせてくれて。

慌てて撮ったうえに、雲がかかってブレブレですが、なんとか撮影することができました。

 

大きく、明るい赤黒い月は、不気味だけど神秘的。

 

何はなくとも月を見上げる

f:id:a418:20180131234939j:image

早くお仕事を終わらせて、

東京に住む彼と電話しながら皆既月食を眺めました。

歌の歌詞ではないけれど、離れたところにいる彼と同じ月を見上げているなんて、なんかすこし不思議な気分。

 

感動をリアルタイムで分かち合えて、しあわせでくすぐったい感じ。

月を見上げるだけで、繋がっている感じがするってお手軽です。

 

普段生活をしていると、ついついうつむいて、下ばかりみて歩いてしまいます。

何はなくとも月を見上げて、背筋をしゃんとして生きていきたいものです。