I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

「みんなの映画100選」を眠る前のひとときに

こんばんは、葵です。

夜、眠る前にとある本を読んでいます。

この本を読むと、なんだか楽しい夢が見られそうな気がするのです。

 

「みんなの映画100選」を眠る前のひとときに

本屋をぶらぶらしているときに、出会った本。

雑誌「POPEYE」などで有名なイラストレーター、長場雄さんのイラストに惹きつけられました。

f:id:a418:20180405141547j:image

みんなの映画100選」という名前のこの本は、映画100編に出てくるセリフと映画のワンシーンのイラスト。

そこにライターの鍵和田啓介さんの映画トークが簡潔に、おもしろく書かれています。

 

あ、見たことある!がいっぱい

f:id:a418:20180405163448j:image

ゆるっと描かれたイラストを見ると、思わずあっと声を上げてしまう。

(500)日のサマーもこの通り!

このシーン見たことあると思うと、嬉しくなる。

 

観てみたい、が増える

f:id:a418:20180405163451j:image

「この映画のセリフ惹かれる」「このイラストはどんなシーンなんだろう」と興味を惹かれ、見たい映画がどんどん増えていく。

 

すでに観た映画でも「こんなセリフ、あったかな」と首を傾げたり、「そう、このセリフ!」ともう一度あのシーンを観たくなったり。

 

f:id:a418:20180405163450j:image

おなじみ魔女の宅急便も、なんだか懐かしくて、なんだか新鮮に見える!

わたしの好きなセリフは「落ち込むこともあるけれど 私 この街が好きです

ですが、この本に乗っているのは別のセリフ。

 

こんなセリフもあったのかと、なんだか違う見方ができそうでおもしろい!

 

笑って悩みを飛ばせる映画

f:id:a418:20180405141635j:image

こんなジャンル分けもあって。

その日の気分によって、適当なページをぱらりと開いて読んでいます。

 

おわりに

f:id:a418:20180405141633j:image

文章は少なめで、夜寝る前にぴったりの一冊。

リラックスできて、なんだか楽しい夢が見られそうな予感。

わくわくを抱きながら、毎晩眠りについています。

 

みんなの映画100選

みんなの映画100選

 

みなさんもぜひ、素敵な物語を探してみませんか?