I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

ため息と深呼吸の境界線は曖昧で 

こんばんは、葵です。

遅れてきた五月病なのか、サザエさん症候群なのか…

今日はなんだか、ため息が漏れる。

 

ため息と深呼吸の境界線は曖昧で 

f:id:a418:20170927120154j:plain

ブログではわりとポジティブにみられるけれど、わたしは至ってネガティブ。

人と比べてしまう性格だから、わりとくよくよしている。

くよくよしないように、何かに没頭したり、頭を空にしてへらりと笑っているから、たぶんポジティブだったり、悩みがないように見えるんだと思う。

 

 

先日、SNSを見ているとき、息を止めている自分に気が付いた。

なんで息を止めているのかよくわからなかったけれど、最近ふとした拍子に「あれ、息してる…?」と思う時がある。

呼吸って普段無意識にしているものだから、そこを考えるって。

 

帰宅途中、「夏の匂いがする」と空気を吸い込んだら、肺が音を立てて膨らんだ気がして。日中、どれだけ浅い呼吸だったのだろうと、苦笑してしまった。

 

お友だちのSNSに並ぶキラキラした日常にも、素敵な指輪にも、子どもの寝顔にも。

羨望の入り混じったぐじゃぐじゃした気持ち。思わずため息ひとつ。

 

 

吐いて、吸って

ため息ひとつ吐いてみて、そして気づく。

すぅっと自然に息が吸えること。息を吐かないと、吸えないということ。

 

たぶん、ため息も深呼吸も紙一重。

吐いて、そして空気を吸い込む。ただそれだけ。

深いか、浅いかその違い。

 

疲れた身体に新鮮な酸素を取り入れられたら、それでいいんだと思う。

ため息は、身体が発してくれるサインなんだと思う。

 

 

ため息に気づいたら、そこで大きく息を吐いて。また吸って。

ため息と深呼吸の境界線は曖昧で。

ポジティブもネガティブもなく、ただ曖昧に。

 

息を吸い込んで、嫌な気持ちは吐き出して。

明日からまた、頑張ろう。