I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

糀-コメノハナ-でかき氷と〆のお酒を楽しんできた

こんばんは、葵です。

秋の気配を強く感じる、今日この頃。

ですが、わたしはまだ夏に浸っております。

 

今日は残暑の中、ゆのじちゃんと食べに行った、話題のかき氷のおはなし。

 

糀-コメノハナ-でかき氷と〆のお酒を楽しんできた

20180911223453

ツイッターでバズった、日本酒専門店のかき氷屋さん。

日本酒といえば、ゆのじちゃん!

 

奈良の酒蔵で日本酒づくりを体験したり、奈良の日本酒が飲めるお店をはしごしたり…

なにかと日本酒に縁のある2人です。


f:id:a418:20180911223144j:image

ツイッターで話題になったということで、早めに集合。

ぽんこつなわたしの勘違いにより、開店3時間前に到着してしまいました。

(素敵なお店で時間を潰した話はまた今度)

 

土曜日に行きましたが、5分前でちらほら同じ目的の方がいるかなといった様子。

でも、開店10分後には満席になっていました。

 

氷 甘酒  (すだち)

f:id:a418:20180911223123j:image

さっぱりいただきたくて、すだちをチョイス!

他には、ずんだ、あずきがあります。


f:id:a418:20180911223032j:image

ふわふわの氷にたくさんのすだち!

インパクトのある、涼しげなビジュアル。

渋い升に入って出てきます。

 

美味しくないわけがないじゃない!


f:id:a418:20180911223154j:image

甘酒がたっぷりかかってる!

こちらの甘酒は、米麴からできる方の甘酒。

もろもろとした、白い米麴が見えます。

 

甘酒には、酒粕からつくる甘酒と、お米に麹を混ぜてつくる米麴の甘酒の2種類あります。

 

栄養素が高く、まるで飲む点滴とブームになった甘酒。

飲む点滴は、米麴からつくられた甘酒のことなのです。

 

f:id:a418:20180911231504j:image

甘酒がほの甘く、すだちの酸味といい塩梅。

鼻に抜ける、日本酒にも似たほのかな甘酒の香りが癖になります。

 

甘酒は、ふわっとほどけてなくなる氷との相性抜群!


f:id:a418:20180911223042j:image

食べ進めたら…

栄養成分たっぷりの甘酒を、贅沢にかけて。

追い甘酒。魅惑の響き。極上の贅沢。

 

後半も、甘酒の甘みとすだちの酸味を楽しめました。

 

〆酒

f:id:a418:20180911223204j:image

このお店一番の目玉が、この〆酒

お酒とかき氷でカクテルをつくり、〆にいただけるというもの。


20180911223443

〆酒は種類も豊富!

日本酒(甘口、辛口)、果実酒(梅酒、リキュール)、ノンアルコール梅酒…

 

日本酒が少し苦手な方や、お酒はちょっとという方でも、シメが楽しめるようになっています!

 

わたしたちは迷わず日本酒!

わたしは甘口、ゆのちゃんは辛口です。


f:id:a418:20180911223214j:image

日本酒と、空のガラスが運ばれてきました。

この空いたグラスにかき氷を入れ、お酒を注げば、〆酒は完成するよう。


f:id:a418:20180911223051j:image

氷が溶けきる前にさくさく盛って…


f:id:a418:20180911223100j:image

そこに日本酒を豪快に!


f:id:a418:20180911223431j:image

最後にすだちを浮かべて、完成!


f:id:a418:20180911223133j:image

かき氷で冷えた体に、日本酒をキュッと。

甘酒の甘さと日本酒の香り、そこにすだちの爽やかさが効いています。

 

ほんのり酔って、体がポカポカしてきて…

締めまでガツッと完食です。

 

おわりに

f:id:a418:20180911223110j:image

日本酒のかき氷というのも珍しいですが…

オリジナルカクテルを作れるというのは、なかなかなくて、楽しかったです!

 

きゅっと飲み干すと、しあわせ気分に酔えそうです。

気になった方は是非!

 

おみせはこちら