I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

卉奏のオーダーカメラストラップが完成した

こんばんは、葵です。

以前、カメラストラップをオーダーした記事を書きました。

ようやく、念願のカメラストラップを受け取ってまいりました!

 

卉奏のオーダーカメラストラップが完成した

f:id:a418:20181006185018j:image

8月にお店でオーダーした、カメラストラップ。

9月前半に完成し、ようやく受け取ってきました!

 

セミオーダーという形で、ストラップの長さ革の種類・色ステッチの色、などをカスタマイズしていただきました!

 

卉奏(キソウ)

20181006185135

購入して、渡されたものはこんなかんじ。

素敵なポーチにストラップを入れていただきました。

 

f:id:a418:20181006192145j:image

卉奏さんのお店の雰囲気をそのまま閉じ込めたような、リーフレット。

 

f:id:a418:20181006234813j:image

小さいカードの方は、作ってくださった方のお名前が書かれています。

どなたが作ってくださったかわかるの、いい!


f:id:a418:20181006185028j:image

ポーチにもAcru productのタグが。

卉奏さんになる前、Acruという名前でお店をされていたのですが、その名残かしら?

おしゃれでかっこいいポーチにうっとり。

 

f:id:a418:20181006232307j:image

開封してみたらこんな感じ!

細かくみていきます!

 

カシェ・バルジ

f:id:a418:20181006185010j:image

これがわたしのカメラストラップ「カシェ・バルジ

すこし重たいカメラにも耐えられるよう、肩の部分がすこし太いデザインです。

わたし仕様にカスタムした、セミオーダーのお品!


f:id:a418:20181006185000j:image

首の部分には「Acanth & Ecru」の 刻印入り。

うん、かっこいい!

 

カラー

f:id:a418:20181006184909j:image

革は馬革を選びました。

肌触りがもっちり柔らかく、シワが白く刻まれるのがお気に入り。

 

 

f:id:a418:20181006184942j:plain

カメラにつけるベルトを覆う革パーツ。

これは牛革なのですが、こうやってみると質感が全然違う!

牛革はかたくしっかりと、馬革は柔らかく風合いが出る感じかな?

 

f:id:a418:20181006184950j:plain

色は、どんなお洋服でも合うようにカフェオレにしました。

濃すぎず、薄すぎず素敵な色合い。

これからどう変化していってくれるか、楽しみです。

 

カバーパーツ

f:id:a418:20181006192101j:plain

革パーツも色が選べます!

革のパーツは同色でもアクセントにしてもよさそう◎

わたしは同色系統のブラウンをチョイス!

 

f:id:a418:20181006184933j:plain

こちらには文字と数字が刻印できるとのこと。

わたしは、完成した日にちを刻んでいただきました。

 

革のパーツをパチンと外すと…

f:id:a418:20181006192044j:image

カメラ本体につけるためのベルトパーツ。

これが少し複雑な構造になっていて、慣れるまではつけるのに苦労しました。

 

20181006230829

金具が革で覆われているのでカメラや洋服が傷ついたりする恐れもなく、安心!

 

ステッチ

f:id:a418:20181006220512j:plain

ステッチは抹茶色をチョイス!

たくさん色があって迷いました。

 

f:id:a418:20181006220257j:plain

赤とか青とか、ポイントになる色もいいなと思ったのですが…

いくつになっても使えるシンプルなもの、でもなかなかない色をと思ってこの色にしました!

 

オプション

20181006192154

肩に触れる部分には、オプションのクッションを。

革が馴染むまで首が痛そうだなと思ったのと、そこそこ重いボディを使っているので。

軽いレンズをつける方やミラーレスの方はいらないかな?

 

20181006192249

少し低反発ぽいような、ふわっとしたクッション。

首にいい感じでフィットしてくれます。

 

これからの時期、望遠レンズなんかをひっさげて、紅葉を撮影しに行きたい!

肩の負担が軽くなりそうです。

 

サイズ

写真を撮り忘れたので、後日更新します。

わたしは身長が小さいため、短めの100cmでオーダーしました。

 

市販のカメラストラップをつけると、長くて、横の紐があまって不格好なのですが…

これはピタッといい位置に!

斜め掛け、肩掛けでも邪魔にならなくて快適そうです。


お手入れについて

f:id:a418:20181006211423j:plain

革のお手入れ方法が書かれた紙が入っているので、安心です。

お店でも、店員さんが丁寧に説明してくださいました。

 

よほどの湿気がない限り、カビがはえたりはしないそう。
2~3ヵ月に一度、革用のワックスを優しくなじませてあげれば大丈夫。
湿気よりも、これからの時期の乾燥のほうが不安なのだとか。

こまめにメンテナンスしてあげなければ…!

 

「金具がだめになったり、カメラに固定するストラップ部分がダメになってきたなど、困ったことがあれば気軽に持ってきてくださいね!」と心強いお言葉もいただいて。

こういうのオーダーの良さだよなぁ。

 

おわりに

f:id:a418:20181006185038j:image

オーダーしてから、職人さんが丁寧につくってくださるカメラストラップ。

1ヵ月ほど時間がかかるうえに、カスタムやオプションをつけると12,000円ほどと、なかなか手が出しにくい値段ではあります。

 

わたしも買うまでは悩んだのですが、実物を手にしたら買ってよかったなって思いました。

見た目の素敵さだけでなく、職人さんのこだわりが感じられるデザイン、機能性…

なにより、自分のカメラへの愛着がより高まりました!

 

オンラインでも買えるので、気になった方はぜひ!

 

f:id:a418:20181006211500j:plain

時を刻んで、くったりと肌になじんだり、しわが増えていくのが楽しみ!

これから末永くよろしくね。

 

お店はこちら

※金土日祝のみの営業