I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

森森舎でミモザのリースを作ってきた

こんばんは、葵です。

春の訪れを感じる、ミモザのリースを作りました。

 

森森舎でミモザのリースを作ってきた

20190429123526

ツリーマフィンで有名な森森舎さん

陶芸教室など、ハンドメイドのワークショップも開催されています。

 

毎年ミモザフェスタを開催しているそうなのですが、今年のミモザは程よい咲き具合であたりの年らしいです。

 

蕾が多い年もあったそうで、ドライになると花は咲かないままリースになってしまうんだとか。


f:id:a418:20190223230500j:image

ミモザとユーカリをパチンパチンと短く切って、リースに挿しやすいようにしていきます。

 

短くなってしまったミモザや柔らかい茎のユーカリは、ワイヤーと一緒にテープでクルクル巻いてパーツを作っていきます。

いかんせん不器用なので、先生にお手伝いをしていただいて、パーツをたくさん作成。


f:id:a418:20190223232833j:image

ミモザの甘やかな香りと、ユーカリの爽やかな香り(そして、森森舎さんのスパイシーなカレーの香り)の広がる店内。しあわせ。

 

木のリース土台に、一心不乱にミモザを挿していきます。

他の参加者さんはフラワーアレンジ経験者のようで、お花の様子を見つつ挿していました。

 

わたしはデザインや完成した様子が全く想像できないので、とにかくミモザをふんわりと全体に。ユーカリを様子を見て挿していきました。


f:id:a418:20190223230511j:image

リースが完成した後は、森森舎さんのドリンクとデザートを。

 

ミモザの鮮やかな色をイメージした、バレンシアオレンジ生搾りのオレンジジュース

ローズマリーが入っていて、ほのかに香ります。


f:id:a418:20190223223306j:image

ミモザをイメージした、ロールケーキ!

ホワホワと上に乗っているのが可愛いです。

チーズ風味でさっぱり美味しいお味でした。

 

ミモザの花に見立ててお皿に散らばっている金平糖が、ザリザリと良いアクセントに!


f:id:a418:20190223224731j:image

とりあえず、なんとか完成!

丸く挿していたつもりだったけれど、完成したものを見たら楕円形になっていました。

 


f:id:a418:20190223230438j:image

黄色が鮮やかですごく可愛い!

お部屋にあかりが灯ったように、明るくなりました!

 

お部屋にミモザの甘やかな香りが広がって、部屋の中だけ春のようです。

 


f:id:a418:20190223223937j:image

ふわふわに咲いたミモザは、この日が見納め。

2-3日で水分が抜けて、ドライ状態になるのだそう。

黄色はドライフラワーの中でも長く色が持つそうなので、ドライになっていく姿を楽しみたいと思います。