I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

BOOK AND BED TOKYO にお泊りしてきた

こんばんは、葵です。

月と改元をまたいで、京都ひとり旅のおはなし。

 

本を読みながら寝落ちできるホテル、
BOOK AND BED TOKYO京都店にお泊りしてきました。

 

BOOK AND BED TOKYO にお泊りしてきた

20190420231537

本棚に寝床があるホテル、ブックアンドベッドトーキョー

たくさんの本に囲まれて、夜更かしできる、寝落ちできるのが魅力的。

 

京都店がオープンしてから、ずっと訪れたいと思っていたのですが…

京都は近すぎて、泊まりで行く機会がなく、ずっと先延ばしにしていたのでした。

 

f:id:a418:20190420230224j:plain

BOOK AND BEDの入っているビル

エレベーターを降りると、大きな青い扉が現れます。

 

これが入り口らしい。

なんだか、不思議の国の入り口みたい!

 

f:id:a418:20190420230238j:plain

ドアを開けると、バーのような空間が現れます。

ここでチェックインの手続きをしたり、ビールや食べ物をかったりできるのです。

 

人懐っこいお姉さんにチェックインの手続きをしていただいて。

ホテルの使い方を教えてもらったり、おすすめの本を教えてもらったりしました。


f:id:a418:20190420230118j:image

一通り説明を受けて、足を踏み入れると、夢のような不思議な世界!

 

f:id:a418:20190420231317j:plain

天井から吊るされた本たちがおしゃれ。

 

f:id:a418:20190420232030j:plain

わたしのお部屋の上には、星や月、夜空に関する本がずらり。 むむむ、これは眠らせる気がないな。

 

f:id:a418:20190420231123j:plain

気になる本をピックアップして…

 

f:id:a418:20190420230339j:image

窓際にあるソファへ。

寝転んで本を読んだり、パソコンでものを書いたり、食事したり…

みんな思い思いの時間を過ごしていました。

 

わたしは読書する時、ゴロンゴロン転がりながらが好きなので、上むいたり横向いたり、コロンコロン転がってました。

20190420231746

窓の外には、南座が見えます。

夜でも賑わう京都の街を見下ろしながら、お酒をちびちび。本を読み読み。

 

しあわせな時間。

 

f:id:a418:20190420230255j:plain

寝床はこんな感じ。

1人が入れるくらいのスペースですが、思ったよりも広々としています。

 

秘密基地みたいな雰囲気で、楽しい!

 

f:id:a418:20190420231522j:plain

泊っている方は多国籍!

わたしの写真は、うっすら後ろに写るインド人に撮影していただきました。

 

f:id:a418:20190420230325j:image

タイトルが気になった本をチョイスして、寝床にもぐりこむ。

今日の夜更かしのお供は、この子たちにしよう。

 

f:id:a418:20190420231803j:plain

と思ったら、歯磨き中に面白そうな本を発見!

また持ち帰る。

20190420232110

ああ、これは。

今夜は寝落ちするまで、本を読もう。

 

〰︎

 

f:id:a418:20190420225209j:plain

目覚めると、京都の空は白みだしていて

いつ寝たのか思い出せないくらい、夢中で読んでたみたい。


f:id:a418:20190420230211j:image

朝日に照らされて。

昨日の夜には見つけきれなかった、気になる本がどんどん出てくる。

 

f:id:a418:20190420230157j:plain

京都の町が徐々に目覚めていく姿を、窓から眺める。 朝は思ったよりも、人が少ない。

みんな京阪の駅に吸い込まれて、八坂方面は人がまばら。そんな姿を見るのも面白い。

20190420225155

南座も、昨日とは全然違う姿。

なんだかこういう時間、贅沢だなぁ。

 

20190420231608

改めて本棚をみると、いい本が揃ってる。

でも、夜の魔法は解けたように、今この本たちよりも読みたい本が見つかるのが面白い。

 

本当は、朝から京都の街に繰り出そうと思っていたのだけれど…

読みたい本が多すぎて。

 

朝ごはんを食べて、チェックアウトの時間ギリギリまで読書を楽しみました。

 

20190420231506

フォトジェニックなのでデイユースで写真を撮られる方も多いみたい。

でも、夜と早朝の姿を見られるのは、宿泊した人だけの特権です。

 

おわりに

20190420231822

時間めいっぱいまで楽しんで

この扉を閉めるのが、名残惜しいけれど。

ゆったりした時間を過ごせる、素敵な空間でした。

 

ホテルとしてはこじんまりとしていて、あまり広くありません。

平日に宿泊したので、お客さんは5人ほどと少なかったので、シャワーやトイレで顔を合わせることもありませんでした。

 

土日はもう少し混み合うらしいけれど…

心斎橋に新しい店舗ができたということもあり、少し落ち着いてるらしいです。

 

本を読むのが好きな人も、写真を撮るのが好きな人にも楽しめる素敵な宿。

少し特別な夜を過ごしたい日にいかがでしょうか?