I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

なんでもない日常が愛おしい

こんばんは、葵です。

鼻をくすぐる春の匂いが、日に日に濃くなっていきますね。

スカートを翻しながら、公園をお散歩するにはもってこいの気候

だけれど、世間はすこし騒がしい。 

なんでもない日常が愛おしい

f:id:a418:20200329234112j:image

ありふれた日常はハラハラと崩れ去り、非日常が広がってきている。

日に日に増える感染者数を見るにつけ、にじり寄るってくる脅威に、えも言われぬ焦燥感。

 

仙台は呑気なもので、まだすこし他人事だけど。

 

 

そんな、当たり前の日常が当たり前じゃなくなる今。

なんでもない日常が、愛おしい。

 

 

f:id:a418:20200329182947j:plain

朝起きて、ベランダに出て伸びをする。

春の空気をめいっぱい吸い込んで、今日一日に思いを巡らす。

ベランダの植物に挨拶をして、一日がはじまる。

 

f:id:a418:20200329234239j:image

午前中に家事を終わらせて、

買い溜めた紅茶の中から選んで丁寧に淹れる。

 

ちょっとお高いクッキーから3枚だけ選んで、オーブンですこし温めて。

さっくり食感を味わいながら、紅茶を楽しむ。

 

 

暖かな日差しを浴びながら、ベランダで読書。

ベランダ用の椅子とテーブルを買ったから、紅茶のポットを横に置いて…

なんだか、贅沢な時間を過ごしている気分。

 

f:id:a418:20200329234631j:image

買い物に出かけたら、道端に春。

小さな春の訪れに、思わず頬がゆるんでしまう。

コロナによそ見をしている間に、春はすぐそこに来ていた。

 

 

どこかに出かけたりすることが憚られてしまって、不自由な気がしてしまうけれど、家で過ごす何気ない時間も、悪くはない。

 

いつもどおりには過ごせなくて、非日常に戸惑うけれど…

今まで当たり前に過ごしていた時間が、愛おしい日々だったのだなと気づくきっかけになってくれた。

 

よくない方に目を向けると、なにか得体の知れない黒いものに飲み込まれてしまいそうだから、今ある日常に目を向けて。

当たり前を当たり前だと思わず、愛おしむ時間にしてみよう。