I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

真夜中にひとり潜る

f:id:a418:20200513041347j:image

久しぶりに、こんな時間まで眠れない。

彼を起こさぬようにベッドを抜け出して、ベランダへ。

まだ暑さは夜まで到達していないみたい。

春の残り香を含んだ夜風が心地よい。

 

マッチを擦って、蚊取線香に火をつける。

気の早い蚊が飛び回っていて、気づかぬうちにぷっくりやられてしまうから。

ゆらゆらとくゆる煙を眺め、お酒の缶を開ける。

 

 

プシュッと小気味良い音

ぐびりと飲むと、爽やかに檸檬の香り。

 

 

静かな街は、まるで海底に沈んでいるみたい。

時折動く人の影を、上から眺める。

木々の揺れる音、規則的に点灯する信号機、ひんやり冷たい空気、ひとり眺める私…

 

お酒の缶が、わたしより先に汗を掻く。

なるべくゆっくり飲み干して、身体の隅々まで染み渡るのをじっと待つ。

 

まるで、水やりみたい。

真夜中の水やり。昔読んだ小説を思い出す。

 

 

ほんのりと明らむ空に気づき、夜に夏が来るのもあとすこしだなぁと思う。

夜明け前は、一番冷える。

 

蚊取線香が消えてるか確認して、するりとベッドに潜り込む。

布団に包まった千葉さんは、あたたかい。

冷えた爪先をくっつけて、体温を混ぜ合わせる。

 

ぬるくなる身体。

夜が明けるまで、あとすこし。

眠りにつくまで、あとすこし。