I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

加茂水族館でクラゲと共にたゆたう

f:id:a418:20200727172349j:image

近場からお出かけをはじめようと思い、

7月の連休に山形県にある加茂水族館へお出かけしてきました。

 

f:id:a418:20200727172353j:image

朝8時に仙台を出発し、渋滞に巻き込まれ11時半

海が見えてきて、窓からは潮の香り。

 

コロナ対策で整理券を配布しているということでもらいに行くと

もうすでに、15時入館の整理券!

 

加茂水族館、とても人気です。

ゆっくりお昼を食べて、海辺を散歩し、1入館しました。

 

クラゲづくしの水族館

f:id:a418:20200729013535j:image

水族館に入ってすぐには、山形の海で見られる魚たち。

イワシの群に人は集まるけれど、この水族館のウリはクラゲたち。

 

f:id:a418:20200729013450j:image

かわいいKURAGE BARの看板に誘われ…

クラゲの水槽がずらりと並ぶエリアへ足を踏み入れました。

 

f:id:a418:20200729013414j:image

目玉焼きみたいなクラゲ

名前もそのまんまフライドエッグジェリーフィッシュ

 

ちなみに冷たい海だと、生卵っぽい見た目になるらしい。

おもしろい…!

 


f:id:a418:20200729013527j:image

ゴージャスなフリンジ、なんだか宇宙人みたい。

f:id:a418:20200729013455j:image

うすぼんやり光っているようにみえる体と

ぴろぴろと揺れる足が可愛い。

 

f:id:a418:20200729013505j:image

パラシュートみたく、ふわり降りてくる姿にきゅん。

f:id:a418:20200729013531j:image

ひとり流れに逆らい、下降する。

マイペースな姿もたまらない。

 

クラゲを見ながら歩いていると、急に開ける視界。

 

 

巨大クラゲ水槽

f:id:a418:20200727172349j:plain

丸くて大きな水槽

まるで、地球のよう。

 

ゆっくりとまわるクラゲが、自転する地球の姿に重なります。


f:id:a418:20200727172343j:image

たゆたう、ミズクラゲたち。

ふわりふわりと踊るように浮かぶクラゲたちは、いつまででも眺めていられます。

 

f:id:a418:20200728151552j:plain

流れているようにも、流されているようにも見えるクラゲたち。

ただ静かに、ふわり空気を含んだように軽くかるく。

 

流れるも流されるも紙一重だよなぁ。

側から見ていると、どちらか見分けはつかないけれど。

 

少なくとも、ジタバタしているよりも心地よくみえる。

軽やかな姿になんだか勇気をもらいました。

 

海獣さんにこんにちは

f:id:a418:20200727172356j:image

クラゲゾーンを抜けると海獣たちのエリア

 

ポツンひとり取り残されたあざらし

ヨタヨタと仲間に近づく姿にキュン!

 

令和2年に生まれた赤ちゃんアザラシと思われ、ちょうど名前を公募していました。

しっかり名前を応募しました!

 

くらげをゆっくり見すぎて、気づけば閉園間近!

海獣たちは軽く流して。

 

クラゲをパクッ

f:id:a418:20200727172334j:image

水族館を堪能して、お腹が空いてきました。

この時期にぴったりの、ひんやり冷たいアイスを注文しました。

 

クラゲソフトクリーム

f:id:a418:20200727172331j:image

その名も「クラゲソフトクリーム

上に乗っているオレンジ色のものがクラゲ…!

 

コリコリとおもしろい食感です。

ひんやりコリコリがクセになりそう!

味はしないので、食感のアクセントという塩梅。

 

クラゲを愛でたあとに、クラゲを食す。

そういうの、嫌いじゃない。

 

おわりに

f:id:a418:20200729013518j:plain

クラゲづくしの、加茂水族館。

クラゲラーメンなる、クラゲを食せるラーメンが食べられなかったのも心残り。

 

お土産コーナーも入場制限があり、長蛇の列でした。

クラゲの形の傘、買いたかったなぁ。

 

17時閉園だったので時間がなくて、

駆け足になってしまったのが少し残念でした。

 

 

コロナがおさまったら、またゆったり訪れたいスポットです。

夏休み、ゆったりたゆたうクラゲを堪能し、クラゲに舌鼓をうつのはいかが?