I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

わたしの好きなわたしになる

f:id:a418:20200804202101j:image

結婚式のムービーの為に、昔の写真を見返している。

 

感情が顔に出るところは変わっていなくて。

満面の笑みの写真も、ふてくされて睨み付けている写真もある。

大学時代は最近のような気がしていたけれど、わたしも友人も今より幼い。

 

いろんな写真を見返して思う。

昔のわたしより、今のわたしが好きだ。

わたしの好きなわたしになる 

すごく好きではないけれど、昔よりも愛せるようになっている。

 

それは、自分を知る努力をしたから、

自分のために努力をしてきたからだと思う。

 

 

嫌いな性格を直すために、自己理解に努めた。

ジムに通って、ダイエットもした。

骨格診断やパーソナルカラー診断を受けて、自分に似合うを探してきた。

 

 

自分を知らなかった頃のわたしは、

自分と他人を比べては、やみくもに絶望していた。

今も嫌いな部分はあるけれど、何が足りないかわかり始めたから、

むやみな絶望はしなくなり、足りない部分を嘆くくらいに落ち着いた。

 

最高を更新し続けたい

最近強く思うのは、自分ベストを更新し続けたいということ。

前よりすこしいい自分でいられたら、とても楽しいだろうなと思うのです。

それは、年齢や彼氏、結婚、子どもの有無に関係なく。

 

「筋トレをしている」「こんな勉強をはじめてみた」と言うと、「ダイエットなんてしなくていい」「その勉強は仕事に役立たないと思うけど」「結婚してるんだからそんなのしなくていい」なんてやる気を削ぐようなことを言ってくる人がいる。

 

 

わたしは、わたし好みに近づくために努力しているだけ。

もっと自信を持てる自分になりたいだけ。 

 

わたしは自分のために努力するから、足を引っ張らないで。

なんて思いながら、にこっと笑って受け流す。

 

  

まだまだ、わたしはわたしを好きになりたい。

その為には努力を続けたい。

 

「結婚したから」「アラサーだから」「生まれ持ったものだから」

自分の意識の中にも、足を引っ張るものは多いけれど…

わたしは、常にわたしのなかの最高得点を更新し続けたいと思う。

 

 

昨日よりも、もっと自分を好きになれたら

そんないいことないでしょう。

だって死ぬまでそばにいるのは自分自身なんだから。

 

人に好かれる自分になるより、

わたしの好きなわたしになりたいと思う、今日この頃。

 

 

 

 

高校時代、仲良くしていた友人からの連絡。

変わっていくわたしを嘆き、心配するような文面。

でもなんとなく、手首をグンと引っ張られたような感覚。

 

話していても噛み合わないことが増えてきた。

 

自分を嫌って、足りないところばかり探して塩を塗るのはもう疲れたの。

わたしは自分を好きになりたいから。

 

いつか分かり合える時まで、静かに距離を置いてみよう思う。

自分を好きになるの、案外悪くないよ。