I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

人生醸造craftで先の人生を味わってみた

f:id:a418:20201001204842j:image

人生って、味わい深い。

苦かったり、甘かったり、辛かったり…

 

そんな人生を味わえる、かも?

今年の夏、気になるビールに出会いました。

人生醸造craftで先の人生を味わってみた

f:id:a418:20201001204846j:image

ツイッターで見つけた「人生醸造craft」

「人と協調するAI」をテーマに取り組んでいるNEC。

いままでさまざまな企業とコラボして、おもしろい企画をしていました。

 

名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現する「飲める文庫」

時代のムードを再現した「あの頃はCHOCOLATE」

 

その企画の第3弾がCOEDOとコラボした、人生醸造craftなのです。


f:id:a418:20201001204832j:image

過去に小学館から刊行された雑誌のデータから、各年代の特徴をAIが学習。

流行った色、流行ったワード、流行った服装を、それぞれ色、香り、味に変換。

 

それをもとに、コエドブルワリーの職人がレシピをつくったのだそう。

ビールの色にもこだわった、おもしろそうなビールです。

 

f:id:a418:20201001204859j:image

20代~50代の世代間コミュニケーションをアシストするために作られたそうですが…

これからの人生について不安なわたしは、人生を先に味わっておきたい!

 

どんな味わいなのか、どんなの苦味なのか…

先にテイスティングしてしまおうという算段です。

 

これで人生を味わえば、きっと大丈夫なはず?

 

f:id:a418:20201001204855j:image

パッケージがもう可愛い!

グラデーションになったパッケージが、人生の変化を表しているよう。

日々って良いことと悪いことと普通なことのグラデーションですよね。

 

f:id:a418:20201001204849j:image

ギリギリ20代のわたし。

ピンクのビールをテイスティングしてみます。

 

フルーティーな香りですごく飲みやすいです。

のどごしもライトで、サラっと飲めちゃいます。

 

 

気になるのは一番近い未来、30代。

ブルーの色が綺麗なビールです。

 

奇抜な味かと思いきや、ほんのりと苦味。

なんとも複雑な、いい意味で裏切られた気分。

30代ってこんな感じなのかな…

 

f:id:a418:20201001204827j:image

人生はグラデーション。

急にパキっと変化を迎えるのではなく、ゆるやかに変わっていくもの。

 

このパッケージにはそんなメッセージを感じます。

 

中身は高校生で時が止まっているような気がしていたけれど、じわじわと色が変わり、気づいたらアラサーの色を纏いだしているようです。

 

おわりに

まだ全部は味わいきれていないのですが…

綺麗な色のビールにうっとり

味わい深いなぁとしみじみ。

 

このビールは、今の20代から50代が通ってきた時代を反映してきたもの。

この先、わたしたちが歩むであろう人生は、また少し違った味わいかもしれない。

もしかしたら、ガラリと変わってしまうかも…?

 

でも、「この先の人生って?」と漠然と不安だったものが何となく味わえてよかったです!

 

ほかの世代の人とこのビールを飲んで語るというのもおもしろそう!

 

味わったらまた感想を追加したいと思います。

気になる方は、ぜひ手に入れてみてください。