I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

千葉さんと詩

妊娠中から母性が溢れ出ており、わたしよりもよっぽどお腹の子を愛でていた千葉さん。

ようやく、我が子と会うことができました。

千葉さんと詩

f:id:a418:20210905031513j:image

父と娘のはじめての触れ合い…!

の前に、「頑張ったね」ってまずわたしの頭を撫でてくれる。労ってくれる。

なんだかそれだけで、涙が出てくる。


コロナ禍の出産、気を張っていたんだなぁと思いながら、暫し2人でぽろぽろ泣いていました。

 


詩をみた千葉さんは破顔。

目がとろけそうなほどの笑顔でした。

2週間会えなかったもんね。

 

その後もはじめての抱っこにチャレンジしたり、オムツを変えたいとしょっぱなから大と格闘したり、腰を痛めながら沐浴したりしていました。

 

わかっていたけれど、育児にどんどん関わってくれる。

今まで1人で戦っていたような気がしていたから、なんだか心強く感じました。

 

〰︎

 

あと1ヶ月間は実家でお世話になる予定。

そして長野に帰っても、生活リズムをつかむため1週間ほどは母が手伝いに来てくれる予定。

 


なので、3人暮らしはまだまだ先です。

不安だらけだけど、ぽろぽろ泣く千葉さんを見たら、なんとか2人で乗り越えていけるような気がする。

 


そんな最近でした。