I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

お守りがわりの印鑑を贈ろう

f:id:a418:20211023165613j:image

詩への最初のプレゼントは名前

いろんなことに心を動かして、その気持ちを言葉にしてほしいと名付けました。

わたしたちから贈る2番目のプレゼントは、おまもりがわりのこんなもの。

おまもりという名の印鑑

f:id:a418:20211023165617j:image

素敵な印鑑はshinjuさんのもの。

その名も「おまもり

印鑑とケースに日本伝統の和文様を施す木製の印鑑です。

 

模様にはそれぞれ意味があって…

色んな意味を込めることのできる、まさにお守りのような印鑑なのです。

 

f:id:a418:20211023165645j:image

かわいいお花柄の箱に入ってやってきました。

気になるのか、写真を撮っているとちょっかいを出してくる。

印鑑ケース

f:id:a418:20211023165733j:image

印鑑ケースは青海波

穏やかな幸せが未来永劫へと続くように」という意味の込められている柄です。

 

f:id:a418:20211023165630j:image

嬉しそうに印鑑をにぎにぎした詩に邪魔される…

印鑑

f:id:a418:20211023172000j:image

印鑑は千鳥

幸せを取る勝運祈願目標達成なんて意味があるのだとか。

 

f:id:a418:20211023165657j:image

そりゃもう、しあわせを勝ち取ってほしい。

健康で幸せに過ごしてくれたら、それでいい。

波千鳥

f:id:a418:20211023165808j:image

注文してから知ったのですが…

青海波と千鳥は昔から万葉集などで詠まれているメジャーな組み合わせ。

 

波間を世間に喩えて「共に荒波を乗り越えていく」という意味があり、夫婦円満家内安全などの縁起の良い柄なんだとか。

偶然にもいい柄を選んだみたいです。

印鑑ケース内部

f:id:a418:20211023165747j:image

印鑑ケースの中蓋にメッセージを印字できます。

20の定型文のほかに、自由記入も可能!

 

わたしたちが願うことはただひとつ

詩が毎日笑って暮らしてくれることだけ。

しっかりと中蓋に刻み込みました。

おわりに

f:id:a418:20211023165741j:image

ありがたいことにお祝いをたくさんいただいて

はやいところ詩名義の銀行口座をつくりたかったのですが…

印鑑なんてなかなかつくるものでもないしと、こだわって注文しました。

 

将来結婚しても、しなくても使えるように。

下の名前でつくっています。

 

f:id:a418:20211023165556j:image

わたしたちからの名前のつぎの贈り物には

わたしたちからの願いを詰め込んで。

いつか手渡す時に、詩がこの印鑑を使う時に、なにか感じてくれたらいいなぁ。

 

f:id:a418:20211023165711j:image

結婚する友人への贈り物や、出産祝いなんかにもぴったりだと思います。

とてもかわいいので、自分で自分に贈っても◎

 

お題「これ買いました」