I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

R・J CAFEで食べられるカップに入った『エコプレッソ』を楽しんできた

こんばんは、葵です。

店内もフードもカラフルなインスタ映えカフェから、レトロで可愛い純喫茶まで、

大阪にはかわいいカフェがいっぱいあります。

 

ちょっと変わったカップでコーヒーが楽しめるお店に行ってきました。

 

R・J CAFEで食べられるカップに入った『エコプレッソ』を楽しんできた

f:id:a418:20180729230138j:plain

さくさくとコーヒーカップが食べられるカフェがあるのは、大阪 天満橋

梅田にもほど近く、穴場なカフェが多い地域でもあります。

 

コッペパンで有名なコバトパン工場も近くにあるのだそう!
(見逃してしまったので、今度リベンジしたい!)

 

R・Jカフェ

f:id:a418:20180729230314j:plain

白い木製のドア、覗くとビンテージの家具がちらり。

すこし入るのに躊躇してしまうくらい、おしゃれなお店です。

 

日曜の11時過ぎ、店内にはわたしひとり。

奥のビンテージのソファ席に案内していただきました。

 

f:id:a418:20180729213218j:plain

お目当てのエコプレッソを注文すると、注意事項の書かれた紙を手渡されます。

クッキーでできたカップで出てくるエスプレッソ。

すべて食べられるエコエスプレッソだから、エコプレッソというお名前。

 

もたもたしているとコーヒーが染み出てしまう、儚い飲み物です。

「取っ手はとっても取れやすい」という注意書きにくすりとしながら、カメラ用意。

 

エコプレッソ

f:id:a418:20180729212518j:plain

「熱いけれど、急いで飲んでくださいね」と出されたエコプレッソ。

本当に、カップがクッキーでできている!

 

崩れないか、ひやひやです。

 

f:id:a418:20180729213646j:plain

マキアートを注文したので、ラテアートも楽しめます。

わたしのアートはネコちゃんでした!

 

可愛くて、さっと飲むのがもったいないのですが、
もたもたしているとコップが崩れてしまうので、一思いに。

 

f:id:a418:20180729212612j:plain

エスプレッソは、ご存知の通り、小さいカップで出される飲み物。

ごくごく飲んじゃったので、ラテアートは消えてしまいました。

 

エスプレッソの苦みが美味しい。

ラテアートのミルクが申し訳程度に甘みを足してくれます。

苦いコーヒーが苦手な人には、マキアートでもつらいかも…?

 

クッキーのカップは甘くなくて。

コーヒー本来の苦み、渋み、味が楽しめます。

カップをがりがりと齧りながらコーヒー飲むと、よい塩梅!

 

飲む過程までもかわいい

f:id:a418:20180729212518j:plain

f:id:a418:20180729223853j:plain

f:id:a418:20180729230138j:plain

さくさく齧って。

ほぼ飲み終えたのだけれど、少し残るコーヒーで、表面がほろほろとはがれてきます。

 

f:id:a418:20180729212557j:plain

f:id:a418:20180729213203j:plain

取っ手も齧って、ロゴもぱくり。

RESSOになってるけれど、これも可愛い!

 

f:id:a418:20180729212632j:plain

f:id:a418:20180729212542j:plain

はい、ごちそうさま。

15分ほどで飲み干さないといけない、儚いコーヒー。

どびっきりの可愛さと、見た目とは裏腹の苦さがたまりません。

 

カップの崩れていく過程も、絵になる!

 

おわりに

f:id:a418:20180729212833j:plain

かわいいビジュアルに、ゆっくり写真を撮りたくなっちゃう!

けど、はやくしないとほろりとクッキーがほどけていくので注意が必要です。

 

苦いコーヒーが苦手という人は、抹茶も選択できました。

たぶんアートは楽しめませんが、コーヒーが苦手という方でも大丈夫です!

 

15分という短い時間の、儚いドリンク。

とびきり可愛くて、美味しくて、ちょっぴりスリリング!

このドキドキ感、ぜひ味わってみてください。

 

おみせはこちら

お題「コーヒー」