I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

McLEANでボリューム満点の王道ハンバーガーを頬張ってきた

こんばんは、葵です。

 

3日間だけの、短いわたしの夏休み。

蔵前をしっかりと堪能してきました。

今日はお昼に訪れた、ハンバーガー屋さんのおはなし。

 

McLEANでボリューム満点の本格ハンバーガーを頬張ってきた

f:id:a418:20180815232229j:image

蔵前特集があれば、必ずと言っていいほど紹介されているハンバーガーショップ

土日は長蛇の列ができる、人気のお店です。

 

今回は平日の少し遅い時間とあって、2-3組のお客さんだけ!

おしゃれな雰囲気ですが、店員さんが気さくに声をかけてくださいます。

店内はカジュアルな雰囲気で、ひとりのお客さんも多かったです!

 

メニューが豊富

f:id:a418:20180816235155j:image

1階のカウンターでハンバーガーを注文!

チーズバーガーやてりやきバーガーという定番のものから、スイートチリチーズや天麩羅バーガーなんてかわりダネも。

 

日替わりのハンバーガーメニューもあります。

この日はメープルピーナッツバターバーガー(!?)

お肉とピーナッツバターが合わさったところが想像できなくて、今回は見送り。

トリプルチーズバーガーやウィスキースモークチーズバーガーなんて、珍しくて美味しそうなハンバーガーがあります!

 

店内もレトロで可愛い!

f:id:a418:20180816231705j:image

どこを切り取ってもお客さんが写っちゃうので、写真はありませんが…

店内は60年代のアメリカを思わせる、レトロなテイストで可愛らしいです。

 

写真左奥の壁には、60年代のショートフィルムがプロジェクターで上映されていて。

ハンバーガーといえば、アメリカ映画のイメージありますよね。

 

きょろきょろしながらハンバーガー待っていると、先にドリンクが到着。

ウィルキンソンのジンジャエール!

f:id:a418:20180816223655j:plain

わたしが好きなやつだ、と大興奮!

瓶に入ったジンジャエールは、ジンジャーの香りが強めの辛口。

舌がヒリヒリと痺れるくらい、生姜の刺激が強くてすごく美味しいのです。

 

アボカドチーズバーガー

f:id:a418:20180815234924j:image数々のバーガーの中から、結局ベーシックなものを選びました。

ハンバーガーとフレンチフライのセット。

 

ふんわりバンズと、しっかり厚みのあるお肉。

トマトも厚切りで、アボカドもたっぷり!

 

とろり垂れるチーズが美味しそうでじゅるり。

見ているだけで幸せなハンバーガーです。

 

ハンバーガーを紙に包んで。

f:id:a418:20180815234911j:image

もう持つだけで一苦労な大きさ!

ひとりだし、開き直って、豪快に口を開けて。

 

じゅわっと肉の旨味が広がって、アボカドとチーズのまろやかさがたまらない。

塩胡椒で味付けされていると思われるお肉は、

 

 f:id:a418:20180815232241j:image

じゃがいもの味がしっかりする、ほくほくタイプのフレンチフライはわたし好み。

ケチャップとマスタードも置いてありましたが、塩味が効いているのでそのままで美味しかったです。

 

200円でディップも販売しています。

サワークリーム、メキシカンサルサなど、なかなか出会えないディップもあるみたい。

注文した時に気づかなくて残念!

 

もぐもぐ頬張っていたら、お腹がぱんぱんに!

ボリューム満点の、王道ハンバーガーでした。

 

おわりに

f:id:a418:20180815234937j:image最近流行りの、お高めがっつりハンバーガーの元祖とも思われるMcLEAN。

60年代のアメリカ西海岸を思わせる、レトロでおしゃれな店内と、肉々しいハンバーガーがとても美味でした。

 

お値段1280円+ドリンク200円と、安くはないお値段。

ですが、このボリュームとお肉の味がしっかり美味しい王道ハンバーガーは、お値段以上だなと思いました。

 

テイクアウトもできちゃいます!

お店の目の前にある、隅田川を眺めながらかぶりつくのもいいなぁ。

 

ちなみに。

f:id:a418:20180815232256j:image

McLEANと同じビルには、これまた蔵前特集で取り上げられるコーヒーショップも。

次はこちらにもお邪魔したいな。

 

おみせはこちら

 

お題「思い出の味」