I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

プライムビデオで楽しめるおすすめの映画50

こんばんは、葵です。

とうとう全国に緊急事態宣言が発令されましたね。

おうち時間の定番、映画を見て過ごされる方も多いのでは?

 

どんな映画を見たらいいの…という方のために

わたしが独断と偏見で選んだ(偏りに偏った)、 プライムビデオで楽しめる映画をご紹介!

プライムビデオで楽しめるおすすめの映画50

f:id:a418:20200419002127j:image

最初にちょこっとわたしの紹介を。

映画を見るのが好きで、大学時代にはTSUTAYAでアルバイトをしていました。

大学時代からつけ始めた映画観賞記録は、もうすぐ1000作品になります。

 

ほっこり系とミステリ、ちょっと不気味な作品を好んでみます。

わたしが観た作品をお勧めしているためアクション系はほぼ入っていません、ご注意を!

 

あらすじは割愛をさせていただきました。

気になった映画は、ぜひアマプラで調べてみてください! 

洋画

ワンダー君は太陽

遺伝子の疾患でまわりと違った顔で生まれてきたオギーが、外の世界に踏み出す物語。
いろんな人との交流して奮闘するオギーと、そんなオギーの姿にハッとさせられる周りの人たち、みんなの成長の物語。
わたしはオギーよりも、友人の男の子や姉に共感したかも…?

ハートウォーミングな作品が好きな人にぴったり!

 

ある少年の告白

ある事件をきっかけに自分が同性愛者だと気づいた少年が、矯正施設へと送られる。
宗教が絡む、他国の同性愛者の現状は日本以上に異常に見えるかも。
「ありのままで生きる」とは、考えさせられる作品です。

字幕が乱れている部分があったので、吹き替えで見た方がいいかも?

 

女神の見えざる手

米国・銃規制法案をめぐるロビイストの闘いを描く物語。
ロビイスト、銃規制と日本人には馴染みのない言葉が出ますが、ストーリーが最高!
信念があるわけでも悪役でもない、という主人公のスタンスが面白い。

見終わった後は、思わず感嘆のため息が漏れること間違いなし!!

 

はじまりのうた

ちょっと人生で躓いた大人たちの物語。
大人の青春映画といった感じで、爽やかに見られます。
とにかく音楽が最高で、NYの街並みとがっちり融合していて素晴らしい…!

笑って泣ける、後味爽やかな作品を見たい方におすすめ!

 

博士と彼女のセオリー

2018年に亡くなった、スティーブン・ホーキンス博士の物語。
前半の美しさは物語のようだけれど、後半になるにつれリアルを見せられる。
だけど、見終わった後は不思議と爽やかな余韻が残る作品。

エディレッドメインの演技が凄まじい…彼の本気の演技は必見!

 

トゥルーマンショー

自分の生活に疑問を持ち始めたトゥルーマン、実は彼の生きる世界は演出されたものだった。
設定がおもしろいけれど、すこしゾッとする。
自分の生活が全部つくりものだったら?他人に見られていたら?

見終わった後いろいろ考えるけど、ジム・キャリーの演技で楽しく見られる作品!

 

手紙は憶えている

おじいちゃんが、妻の死をきっかけに昔の復讐をするストーリー
物忘れが激しくたびたび記憶が飛ぶけれど、友人が持たせてくれた手紙を頼りに奮闘します。
激しいアクションはないものの、ほのぼのドキドキする場面が多くて、楽しい。

最後の復讐をはたすシーンは、思わずアッとします!
ただのほのぼのではない、意外な展開を見届けてほしい作品!

 

ミッドナイト・イン・パリ

深夜に過去のパリへ迷い込み、ヘミングウェイやピカソなど著名な文化人と交流をするストーリー。
パリの美しい街と、芸術家たちとの華やかな夜は、見ているだけでワクワクする!
自分探しをする主人公が出す、ラストの答えを見届けて欲しい。

夜、旅するように見て欲しい映画です。

 

ファイトクラブ

物質的には満たされているけれど、心が満たされない男が主人公。
生きている実感を求めて「痛み」を欲するようになる。
「満たされているけれど、なにか欠けている気がする…」という人に見てもらいたい。

暴力にテロに、ちょっと躊躇する内容もあるけれど、
この作品のおもしろさは見ないとわからない…!

 

アメリ

少女のまま大人になったような、空想好きなアメリ。
人をしあわせにするために、いろんなイタズラを仕掛ける。
おとなのおとぎ話というような、ファンタジーでおしゃれな映画

見終わった後、ブリュレを食べたくなること間違いなし!

 

マイ・ベストフレンド

乳がんが発覚した二児の母ミリーと彼女の幼なじみで不妊症を患うジェス
重いテーマだけどユーモアもあって、泣ける物語。
「女の友情はハムより薄い」なんていうけれど、そんなことないくらい複雑!
女の友情は、実は配偶者以上に親密かもしれない。

この独特の感情は、女にしか理解できないのかも?

 

her 世界で一つの彼女

公開当時はそれほど一般になっていなかったAIですが、今見ると当時と違った印象に。
妙に色気のあるAI、欲しい言葉を投げてくれる、賢く都合の良いAI。
AIと恋に落ちる男性を、哀れと思うか理解できるか…

綺麗で心地のいい映像と、音楽にも注目してほしい作品です。

 

ロスト・ボディ

死体安置所から女性の死体が消えたことからはじまるサスペンス。
妻を殺したはずの夫は、何故が現れる殺人の証拠に妻が生きているのではないかと疑い始める。

ミステリー?ホラー?、展開が読めなくてドキドキ!

 

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります

ブルックリンを一望できる最高の我が家だけど、手放すことにした夫婦の物語。
夫婦と家との思い出の回想にほっこりしつつも、小さな事件にハラハラさせられる。
見終わった後はほっこり心温まる作品です。

天気の良い日に、お家で見て欲しい映画です。

 

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

幸せのあとしまつってなに?と思ったら、略奪婚した女性が旦那を元嫁に返そうとするという、とんでも映画!
でも、悪意のある人が出てこないから、不思議と嫌な気分にはならず…
ただの恋愛ものとは違う、クスッと笑えるお話。

甘い恋愛映画に飽きた人に、見てもらいたい作品です。

 

キャロル

ただ同性愛を描くのではなく、好きになるのに性別は関係ないと思わされる作品。
テーマ、映像、音楽、演技ともに魅力的です。
美しいラストシーンは、何度でも見たくなる…!

静かな夜に、ひとりワインでも飲みながら見るのがおすすめ!

 

メメント

妻が殺された男は、その時の後遺症で記憶が10分しか持たない。
復讐をするため、メモを頼りに犯人を追っていく。
手法があたらしく、見ているうちにパニックになるけれど…

ラストまで見たら、もう一度見返さないわけにはいかない!

 

大統領の料理人

小さなレストランを営む主人公がスカウトされたのは、フランス大統領官邸!?
料理を通じて大統領と心を通わせる様子を描いています。
よくあるサクセスストーリーとはちょっと違う、ストーリ展開が面白い。

料理のでてくる映画が好きな人におすすめ!

 

タイピスト

田舎育ちの女の子が夢を胸にパリへ…!
ストーリーはシンプルだけど、ダレたりせず一気に見られる魅力があります。
レトロで可愛いお洋服やヘアスタイルにも注目してほしい!

王道の映画で元気をもらいたい方はぜひ!

 

ジュマンジ

割と最近映画がやっていた、ジュマンジ ウェルカムトゥジャングルのもともとのお話。
古い映画なのでCGなどは荒いのですが、ストーリーはおもしろい!
不遇なアランに、笑いが止まらないドタバタアクションコメディーです。

とにかく笑いたい方におすすめ!

 

邦画

日日是好日

静かな茶室に流れる四季の移ろいを、ひとりの女性の人生と絡めながら描く作品。
打ちのめされるほどの悲しみがあっても、それでも人は生きていく。
大きな展開はなく、好き嫌いは分かれるかもしれないけれど…

じんわり、人生を豊かにしてくれる映画です。

 

重力ピエロ

「春が二階から落ちてきた」で始まる、伊坂幸太郎原作の映画。
これをみた当時、やるせない想いを抱えながらも強く生きる姿に力をもらいました。
変えられないものも変えられるような気がする、最強の家族の物語。

ミステリとしても面白い、綺麗な映画です。

 

あん

雇われ店長としてどら焼き屋を営む男の前に、突然現れた「あん」の神様
差別を受けながらも、自分の境遇を受け入れる徳江さんの姿が素敵。
樹木希林さんの、柳のような静かで、強くしなやかな演技が見所です。

気持ちよく泣けて温かい気持ちになれる映画を探している方に!

 

歩いても歩いても

隣人の日常を覗いているような、リアリティのある是枝監督作品。
是枝作品の中でも、格別「何も起きない」が心地いい映画です。
人生って、いろいろ抱えながらも、それなりに生きていくものなんだよね。

暑い日に、麦茶でも飲みながら見たい作品です。

 

黒い家

じわじわと迫りくる恐怖、変な人に関わってしまったことへの後悔…
本当に怖いのは人間である、と感じさせてくれる作品。
大竹しのぶさんの演技力には、脱帽。

背筋ゾクゾクの恐怖を味わいたい人におすすめです。

 

かもめ食堂

言葉は通じなくても、美味しい料理は心を元気にしてくれる。
かもめ食堂は、料理を作る「音」まで美味しい作品!
日常のようでファンタジー、ハマる人にはハマる荻上ワールドです。

人間関係に疲れた人に見て欲しい、やさしい映画です。

 

永い言い訳

幸せは失って気づくというけれど、主人公は妻が死んでも悲しみを感じられない。
だらりと続く男の永い言い訳と、自分でポロポロ落としていた幸せを映画を通してみることになる。
主人公に共感ができるわたしも、自己愛と言い訳の塊なのだろうなと思いつつ…

すっきりした終わりはないけれど、静かな名作かなと思います。

 

怒り

殺人事件の犯人のモンタージュに似た、3人の素性のしれない男たち。
本人は何も変わらないのに、疑心暗鬼になる周り(と視聴者の我々)
嫌悪、軽蔑、差別、悲しみ…見ている間、わたしたちが犯人に向ける感情は、犯人が感じる気持ちが、やがて怒りに変わっていく。

胸糞悪いラストなので、体力のあるときに見てみてください。

 

暗黒女子

校内で起きたとある少女の転落事件。
友人たちは物語の朗読会の中で、小説を通じて犯人を告発していく。
小説を読み終わるたびに、人の印象がガラリと変わっていく。

最後の小説を読み終えた時、ゾッとする結末が待っています。

 

サマー・タイムマシン・ブルース

タイムマシンで過去に戻る、ドタバタ青春コメディ。
目的は前日に戻って、クーラーのリモコンを取ってくること!
もともとは舞台で演じていた作品なので、限られたシチュエーションでこんなに面白く展開させられるのかとびっくり!

笑ってスッキリしたいとき、茹だるような暑さの日に見てほしい映画!

 

めがね

「ケータイがつながらないところに行きたい」
そんなことを思ったことがある人におすすめしたい、肩の力が抜ける映画

自粛がおわったら、与論島にいきたくなること間違いなし!

 

ラヂオの時間

生放送のラジオドラマ脚本が、大物女優の一声でどんどん変わっていく。
なんとか辻褄を合わせて終わりを目指す、ドタバタコメディ。
三谷幸喜作品なのに!?、シンプルでサクッと楽しめます。

日本人ならではの妙な空気感を、おもしろおかしく映画に消化させています。

 

百万円と苦虫女

不幸な目に遭いながらも前に進んでるつもりだったけれど、実は心は止まったままな主人公。
不器用で、みていてもどかしくなる。
ラストシーンが清々しく思えるのは、止まっていた心が少し進んだからかもしれない。

スカッと前向きすぎる映画はしんどい方におすすめ!

 

南瓜とマヨネーズ

「わたしたちの このありふれた平凡は ほんとうは壊れやすくて なくさないことは奇跡」
映画を見終わったあと、この予告のフレーズがとても染みる。
大人になるって、ちょっぴり切ない。

ソラニン的な、若者のモラトリアム映画が好きな人におすすめ!

 

今度は愛妻家

ぶっきらぼうで奥さんに優しくない夫とそんなダメ夫でもかわいいと尽くす健気な妻。 
昔ながらの夫婦の姿を微笑ましく見ていると、物語は思わぬ展開に。
豊川悦司さんがぼそぼそと歌う、井上陽水の「夢の中へ」が切ない。

世の男性に見ていただきたい、映画です。

 

インスタント沼

元気が出ない時のわたしのお守り映画。
意味不明だけど、シュールで小さな笑いが散りばめられている作品。
人生どん詰まりの時、意味のなさげなもので動き出すこともある。

何も考えず、頭を空っぽにして見て欲しい作品です。

 

 ペコロスの母に会いにいく

ボケた母親の介護という、重たいテーマを軽やかに描いています。
こんなに綺麗事ばかりではないだろうけど、ふたりの親子関係にほっこり。
笑えるけれど、涙が溢れる、あたたかいストーリ。

感動の涙を流したい方におすすめです。

 

マスカレードホテル

普段映画は見ないという人も見やすい作品。
ぽんぽんとテンポよく進んでいくので、短編ドラマを何本か見ているよう。

あっと驚くラストは必見です!

 

誰も知らない

言わずと知れた、名作!
どうしようもなくやるせないけれど、悲惨なだけではなかったのかもしれない…
脆くて、強くて、儚い日常。

悪役のはずの母親も、愛着を感じられる描き方で、さすが是枝監督といった塩梅。

 

キツツキと雨

きこり60歳と新人映画監督25歳のものがたり。
淡々と木こりとして生活していた男の元に、映画撮影という「非日常」がやってきた。
ゆったりと進んでいくけれど、抑揚もあって心地いい作品。

非日常に振り回されながらも、寂しさを覚えながら日常に戻っていく。
なんだか、子どもの頃の夏休みを思い出すような作品。

 

アニメ映画

ペンギンハイウェイ

小学校4年生のアオヤマくんの住む街に、ペンギンが現れた!
突拍子のない始まりにぐんぐん引き込まれていく…!

気持ちいい晴れの日に見て欲しい映画!

 

言の葉の庭

雨の日の新宿御苑と、梅雨の終わりが胸をキュンとさせる。
約50分の短い時間に、新海ワールドがぎゅっと凝縮されている作品。

ちょっと憂鬱な雨の日に見て欲しい作品です。

 

すみっこぐらし

すみっコたちは喋らずナレーションで進行していくので、ちょっと間延びするところもあるけれど…
見終わる頃にはグッとくる作品。

疲れた日、心がくさくさした日に、ぼーっと見て欲しい作品。

 

イヴの時間

人型ロボットが実用化されて間もない、未来の日本。
人間と全く変わらない見た目なのに、「家電」と「人間」と分けられている世界。
一見SFぽい雰囲気だけど、ヒューマンドラマなアニメです。

Siriやアレクサ、AIを使って久しい今だからこそ、見て欲しい作品です。

 

SING シング

有名な曲がたくさん出てくるので、大人も子どもも一緒に楽しめる作品です。
字幕もいいけれど、MISSAさんの歌声が素敵なので、ぜひ吹き替えでも見て欲しい…!ストーリーはありがちなサクセスストーリーなのですが…

気持ちがしずみがちな今だから、王道のハッピー映画を見て欲しい!

 

クレヨンしんちゃん モーレツオトナ帝国の逆襲

定番のクレヨンしんちゃん!
大人になったからこそわかる、自分の子ども時代を懐かしむ感覚。
子どもの頃とは違う視点で楽しめるので、一度見た人も改めて見直してみてほしい。

とにかく笑いたい日は『ヘンダーランドの大冒険』もおすすめ!

 

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

映画ドラえもんといえば、トラウマを植え付けられることで有名ですが…
本作は感動ものの作品。トラウマが欲しい人にはちょっと不満かも?
声優交代前の最後の作品なので、作り手の想いも感じる映画です。

ちなみに、わたしのトラウマ作品は『宇宙漂流記』と『魔界大冒険』

 

花とアリス殺人事件

2004年公開の岩井俊二監督作品「花とアリス」の前日譚ですが、映画を見ていない方も楽しめます。
物騒な名前ですが、内容はいたって青春ストーリ!

ゆるりとした岩井俊二監督作品の苦手な方こそ、見て欲しい作品!

 

コララインとボタンの魔女

子ども向けのアニメと思いきや、少し不気味な童話作品感覚。
ストーリーもアニメーションもしっかりしていて、大人こそ楽しめます。
マイナーなのがもったいないくらい、わたしのお気に入りの作品です。

ちょっと怖い作品を楽しみたい方におすすめ!

 

ソング・オブ・シー 海のうた

アイルランドの海の香りを感じる、小さな家族と大きな家族の物語。
絵本を意識したような、優しいタッチの絵柄がアニメの雰囲気とぴったりマッチしています!
ジブリファンの監督ならではの、日常とファンタジーの融合が心地いい。 

力を抜いて、あたたかな気持ちになりたい方におすすめ。

 

おわりに

気になる作品はあったでしょうか?

 

わたしの偏見、とくに邦画は「好き」が前面にですぎていて…

「もっとおもしろい作品あったのに…!」という方も多いと思います。

こんな映画もあるんだ、という感じで生暖かく見ていただければ幸いです。

 

あらためて、まだまだ見ていない映画がたくさんあるなぁと思ったので、

ぜひおもしろい作品があればコメント欄で教えていただければと思います!

 

 

自粛中のおうち時間、楽しい映画で乗り切りましょう!

 

お題「#おうち時間