I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

ぶどうを狩りに山形へ

 

f:id:a418:20201020223342j:image

季節の移ろいは早くて、秋がものすごいスピードで駆けていく。

どうしても秋をつかまえたくて。

秋の味覚、ぶどう狩りにいってきました。

ぶどうを狩りに山形へ

f:id:a418:20201020223358j:image

「ぶどう狩り」ってワードは聞くけれど、したことはない。

そもそも、ぶどうの木が育つ土地が限られているのだろう。

 

せっかくフルーツの栽培が盛んな山梨が近くにあるのだから、

こんなチャンス逃すわけには行かない…!

 

f:id:a418:20201020224201j:image

ぶどう狩りができる農園はたくさん!

わたしたちは間内にたくさん食べることは難しいと思ったので、おみやげを持ち帰ることができる農園を中心に探しました。

 

そこで見つけたのが、王将果樹園

仙台からのアクセスもよく、カフェが隣接していて、おみやげつき。

料金もひとり1000円以下という安さでした。

 

f:id:a418:20201020224005j:image

こんな感じでぶどうの木が頭上に広がっています。

わたしがギリギリ頭をかすめないくらいの高さでした。

 

もうぶどうの時期も終わりを迎えている様子。

緑色のナイアガラのみぶどう狩り体験をすることが出来ました。

 

ピオーネや巨峰などの、よく見る青紫色のぶどうのシーズンはもう少し早いみたい。

ちょこっと残念。

 

f:id:a418:20201020223353j:image

初めて見つけたぶどうちゃん!

ぶどうは黄色っぽく色づいたものが美味しいらしい。

 

写真だとわかりにくいのだけれど、皮が透き通っていて黄色っぽく色づいています。

 

f:id:a418:20201020224209j:image

房ごとパチンと切る。

力を入れなくても簡単にぶどうが狩れました。


f:id:a418:20201020223337j:image

ごろり、結構な重み。

ぶどうの香りがあたりいっぱいに広がります。

 

中に種があって少々食べにくいけれど…

甘酸っぱくてプチプチ美味しい!

食べる手が止まりません。


f:id:a418:20201020223348j:image

おみやげ付きのコースなので、おみやげ袋にナイアガラを入れていきます。

袋2つとも、ぶどうを3房詰めてみましたが、まだまだ余ってる…

1袋に5-6房は持ち帰れそうです!

 

夫婦2人で欲張ってもなぁということで、合計6房を持ち帰りました。

 

カフェでもぶどうづくし

f:id:a418:20201020224119j:image

どうせならぶどうづくしの日にしたい!

ということで、隣接するカフェでぶどうパフェを頼みました。

 

ずっしりと重く、なかなかなボリューム!

 

f:id:a418:20201020224205j:image

上にはいろんな種類のぶどうがたくさんついています。

今回狩ることができなかった、ピオーネやシャインマスカットも…!

 

たっぷりの生クリームとバニラアイスを食べ進めると、

中にもしゃりしゃりに凍ったぶどうがごろり。

 

中にもこんなにぶどう!?と驚きました。

ふたりで一つを分け合って、旬のぶどうを堪能しました。

 

おわりに

f:id:a418:20201020223859j:image

なかなか体験できない、秋らしいことができて楽しかったです。

いままでぶどうの香りって意識したことなかったけれど、こんなに良い香りがしてたのだなぁ。

おみやげもあるので、しばらくはお家で思い出に浸りたいと思います。

 

 

お仕事をはじめて、自分の自由な時間を作ることの難しさを痛感しています。

とくにまだ仕事に慣れていないから、大阪の時よりも遥かに忙しい。

だから、すきま時間や休日ってとても大切!

 

休日にこうやって出かけるのは体力的には疲れるけれど、

やりたいなと思っていることを叶えるのって精神的に回復できる!

 

これからもやりたいことをちょこちょこ叶えて、

心をリフレッシュさせていきたい。