I am

わたしらしくを探すブログ

七草粥で頑張る身体を休める日

お正月はおせちに始まり、焼肉、マクド、ガレット・デ・ロワ…
いろんなものをパクパク食べて、胃がお疲れモード
体もなんだか重いし。

 

1月7日は七草粥の日。
本当は朝に食べるのがいいらしいのだけど、朝から用意するのは面倒で…
夜ご飯に七草粥を出してみました。

七草粥で頑張る身体を休める日

以前買ったきせつのしつらい絵本を確認しながら置いておく。

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ…

 

と思ったら、並べる側から娘に掴まれでぐちゃぐちゃに。
春の七草に興味津々です。

 

混ざってどれがどれだかわからなくなってしまった…
まあ、煮たら一緒なので、OK!

 

みたことのあるカブを掴んだら‥

 

すっぽーん!かぶさーん!

大好きなtupera tuperaのやさいさんを真似て、カブを収穫していました。

 

この小さいのは大根だよ、と伝えたところこちらも収穫。
よくわからないうちに七草を覚えた、なんてことになるといいなぁと思いつつ。

 

まあわたしは、せり、すずな、すずしろ以外は確認しながらじゃないと見分けられないのだけど。

 

炊飯器で生米から炊いた七草粥はふっくら美味しそう!
ポイントは鶏ガラスープの素を入れて炊いたところ

 

しっかり噛んで食べると、米の甘味と鶏ガラスープの旨みをしっかり感じられる。
お米を炊くときに混ぜ込んだ、大根や蕪もじんわり甘くて食感のアクセントになっている。
味変で砕いたナッツやごま油をかけてもまた美味しい。

 

胃がお疲れのわたしは七草粥のみ。
元気な千葉さんと詩はお肉を添えて。

 

 

元気な2歳児と働き盛りの千葉さんに合わせて、しっかりご飯を作ることが多いのだけど、たまにはこうやってお粥で胃腸を休めるのもよさそう。
2人にはお肉やお魚と副菜を添えて出してもいいし。

 

心と身体を休めることは普段気にしているけれど、内臓を休めることは意識できていなかったかも。
今年はもう少し、身体の中の声にも耳を傾けていきたい。

きせつのしつらい絵本のおはなし