I am

わたしらしくを探すブログ

念願のいちごちゅみちゅみ

我が家にあるEcho Show5では、赤ちゃんから今までの詩の写真を流しています。
昔は全然気にしていなかったのに、最近は写真を眺めながら「まだちいさいね」「おとうさんとこうえんであそんでるね」などと話しかけてくる詩。

 

そんなランダムで流れる中から、去年のいちご狩りの写真を見つけて大興奮!
「いちごちゅみちゅみ(摘み摘み)したーい!」という娘の希望を叶えるべく、いちご狩りへ行ってきました。

念願のいちごちゅみちゅみ

去年もお邪魔した、あんずの里アグリパーク
いちごの苗が2段になっていて、子どもが自分で苺を摘めるのがいいのです!

 

「いちごがいっぱーい!」と大喜びの娘。
雨降りなのでお客さんも少なくて、のんびりいちご狩りが楽しめそう。

 

真っ赤ないちごがしっかりなってる!
いちごになる前の子達もいっぱい!

 

お花と緑のいちごと、実のなったいちごを見比べて「こうやってだんだんいちごになっていくんだよ」と詩に教えると、横にいた千葉さんが「え!?ここが実になるの!?」と驚いていました。食育だね。

 

去年は何が何だかわからないまま、苺をぱくぱくしていた詩。
今年はたくさんの苺を前に大興奮!

 

「こっちがいちごいっぱいだよ!」といいながらお目当ての場所まで楽しそうに歩いていました。

 

かわいいいちご!
ここのハウスは章姫という甘めの品種が植えられています。
すこし面長な形をしていて可愛い。

 

千葉さんに手伝ってもらいながら、いちごを摘んで…

 

「おかあさんかんぱーい!」と乾杯をしてくれました。
ピント…行方不明…

 

甘くて美味しいいちごににんまり。
「あまくておいしいね」って、家族3人でパクパク。

 

「つぎはおおきいの!」とどんどんいちごを選んでいく。
隣で千葉さんもものすごい勢いで食べていて、千葉さん譲りだなぁと笑っちゃう。

 

初めての練乳にもチャレンジ
去年は一応甘すぎるかなって控えていたのよね。
ちょんちょんっとつけて、ぱくっ

 

おもわずぺろっとしちゃう美味しさ!
ちょんちょんじゃ足りなくて、どぼんとつけてパクパク食べていました。

 

わたしも練乳につけてぱくり。
やっぱりいちごには練乳だなぁ。

 

開始10分で千葉さんがヘタを捨てに行って、練乳おかわりしていて笑っちゃう。
「去年は30分で終わってしまって消化不良だったから、今年はいつ出てってもいいように最初から飛ばす」とのこと。

 

わたしもさっさと出ることを覚悟して、小さい苺を食べて個数を増やしているけれど…
詩本人はまだまだ楽しそうにいちごを選んでいます。

 

去年は緑の苺を摘もうとしていたけれど…
今年はちゃんと真っ赤な苺を選んでいて、そういうちょっとした事にも成長を感じます。

 

美味しすぎて、自作のいちごの歌を歌ったり、いちごのハウスを見上げたり…
とにかくご機嫌。

 

こんなに嬉しさを体で表現できるのもすごいなぁってみていたら、「こういう気持ちを全身で表現するところ葵に似てるよね」と言われて。
たしかに、わたしもこんな感じか。

 

結局45分ほど滞在して、3人でお腹いっぱいになるまでいちごを堪能しました。
去年が慌ただしかったからどうなるかなと思ったけれど、今年は大人も子どももしっかり楽しめました。

 

毎年の行事というほどのものじゃないけれど。
こういう行事を通して、娘の成長に気付かされる日々です。

 

どんどん一緒に楽しめるものが増えてきて嬉しいなぁ!
日々大変なことも多いけど、楽しい思い出はそれを吹き飛ばしてくれる。
イライラしちゃうこともあるけど、楽しい思い出をガジガジしがんで毎日がんばろう。

去年はこちら