I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

春の訪れに、顔をうずめて

こんばんは、葵です。

すこしずつ春の気配を感じます。

先週彼とデートを楽しんでいたところ、桜の木を発見!

小さな春、見つけてきました。

 

春の訪れに、顔をうずめて

f:id:a418:20180322234903j:image

うららかな春の日差しに誘われるように、本町から心斎橋まで。

地下鉄に乗るのはやめて、散歩がてら歩いていこうと私と彼。

歩いていると、淡く甘いピンクがちらりと目に入り、近寄ってみると桜の花が。

 

f:id:a418:20180322231427j:image

「梅の花、まだ撮れるかな?」なんて呟いていたのに、もう桜の花が咲いていて。

本格的な春の訪れを感じました。

 

思わず駆け出して、桜の花に顔をうずめる。

なんでかわからないけれど、昔から花や葉に埋もれるのが好き。

f:id:a418:20180322231449j:image

 

「せっかくだからお花見でもしようか」と笑う彼の言葉に賛同し、近くのベンチに腰掛けまどろむ。さわさわと頬を撫でる風がくすぐったくて、首を縮める。

日差しが心地よくて、思わずうとうとしてしまうから、近くでコーヒーを買ってふたりで分け合ってみる。

f:id:a418:20180322233005j:image

 

空からこぼれてくるような、桜の木にしばし見とれる。

f:id:a418:20180322231415j:image

風が吹くと、はらはら舞い散る花びらが、雪のようで。

春の訪れである桜に、冬のなごりを感じてみたり。

 

桜の木のそばで楽しそうに遊ぶ子どもを眺め、目を細める彼を盗み見る。

穏やかな彼と過ごす春の昼下がり。

 

 

お酒もない、お菓子もない、満開の桜でも並木でもない。

ただ公園に生えている数本の桜の木だけれど、小さな春の訪れに思いっきり顔をうずめて。春をいっぱい吸い込んで。

 

 

今週のお題「お花見」

お題「お花見」