I am

わたしらしくを探すブログ

楽しい夏にするために、やりたいことリストをつくった

こんばんは、葵です。

毎日暑くて、なんだか気怠い夏の日。

 

夏の匂いがする、とノスタルジーに浸っていた6月のわたしが懐かしい。

暑さと 湿気と 日々の疲れにやられて、毎日がなんだかとても億劫に感じる今日この頃。

 

純粋に夏を楽しめていた時期が懐かしい…

ということで、童心に帰り夏にやりたいことをつらつらと書き出してみました。

夏にやりたいこと

f:id:a418:20190704082144j:image

スイカバーを食べる

花火を見る

かき氷を食べる

ブログのカスタマイズをする

ちょこっと夜更かしをする

旅行する

昼寝をする

流れるプールで流される

夏野菜がゴロゴロ入ったカレーを食べる

流れ星を見る

ホラー映画を観る

夜の散歩に出かける

セミの幼虫と遭遇する

カラフルなそうめんを食べる

夏の雨の匂いを胸いっぱい吸い込む

時をかける少女を観る

夕暮れの街で夕餉のカレーの匂いを探す

ラジオ体操をする

線香花火をする

派手な色のネイルをする

瓶に入ったらラムネを飲む

夏のヒーローを聴いてセンチメンタルになる

明け方の空に月を探す

本を5冊読む

木陰で休憩する

家にこもってTSUTAYAで借りたDVDを観る

懐かしい友人と会う

甲子園の決勝戦を見守る

夏野菜の漬物をアテにお酒を飲む

風鈴の音色を味わう

懐メロを聴きながらドライブをする

海を見に行く

夕立に降られる

日焼けした皮をペリペリと剥がす

入道雲の行方を眺める

 

etc...

 

: : : :

 

わたしが心からやりたいことを書き出しただけなので、たわいもないことばかり。

でも、なんとなくしあわせな気持ちになることばかり。

 

子どもの頃に楽しんだ、些細なことたち。

大人になった今、ふと頭によぎって羨ましくなることがある。

 

なんでこんな些細なことで心満たされていたんだろう、心揺さぶられていたんだろう。

あの頃のわたしの感覚は、瑞々しくてほんのり甘酸っぱい。

 

 

もっと肌感覚で楽しんでいた、あの頃の夏に帰りたいと思います。