I am

わたしらしくを探すブログ

Happy Half Birthday

f:id:a418:20220216212331j:plain

2月19日で詩が生まれて6ヶ月を迎えました。

あっという間だったような、長かったような…

詩がいる毎日が当たり前になっているけれど、まだ半年なんだなぁと。

 

半年間すくすく育ってくれてありがとう

そして、半年間我々おつかれさまの気持ちを込めて…

詩のハーフバースデー をお祝いしました。

Happy Half Birthday

f:id:a418:20220220235649j:plain

飾り付けをして、ケーキも準備!

背景のマクラメガーランドは夜な夜な編みました。

 

さまざまな人との縁を紡いでほしいという想いを込めて…

編んで、解いて、結んで、つくりました。

 

f:id:a418:20220220234426j:image

ハーフバースデーに託けて、いちごカスタードタルトを焼きました。

ただ作りたかっただけ、ただ食べたかっただけ!

紅ほっぺをたっぷり使った、タルトです。

 

絶賛パパ見知りの詩なので、あまり丁寧に時間をかけることができず…

電子レンジでカスタードクリームを作ったりと時短タルトです。

 

f:id:a418:20220222001615j:image

詩の着ているお洋服は、母が編んでくれたベビードレス

本当は、退院時やお宮参りのときに着せようと思っていたのですが…

 

予定日よりも約1ヶ月早く生まれてきたため、ドレスが完成せず…

お宮参りには暑すぎて、着せることができていなかったもの。

もうサイズアウト目前でピチピチですが、記念に。

 

このドレスがぶかぶかなくらい小さかった詩が、今やこんなにむっちり。

半年でずいぶんと大きくなりました。

 

f:id:a418:20220221000255j:image

ケーキが気になって気になって仕方がない。

大人だけ幸せそうに頬張っているのを、じぃっと見つめていました。

 

プレゼントも…

f:id:a418:20220222001225j:image

お友達からは天使の衣装をプレゼントしてもらいました。

可愛すぎる…!

 

天使の羽を背負ってずりずり動く姿を見て、千葉さんが感動していました。

 

f:id:a418:20220106220512j:plain

わたしたちからは、こんなものを。

jijiさんのhello baby

歯固め、ブラシ、ベビーボール、ホルダーのセットです。

 

髪の毛がぽわぽわと立つようになってきたので、ブラッシングしてあげたくて。

 

f:id:a418:20220106215922j:plain

そして、なんといっても歯固め!

ビスケットの形をしています。

 

f:id:a418:20220106215908j:plain

かじっている姿がかわいくて仕方がない…!

かじったり、振り回したりと、大いに楽しんでくれています。

 

f:id:a418:20220221000306j:image

ささやかですが、ハーフバースデーをお祝いしました。

 

ふたりで詩の写真を見返して、詩とたくさん写真をとって…

詩のためというよりも、わたしと千葉さんふたりのお疲れさま会だった気もします。

 

夜泣きが酷かったり、パパ見知りでギャン泣きされたり、笑顔でものを投げられたりと、毎日疲れ果ててなかなか味わえていなかったけれど。

詩が生まれてから、たくさん笑顔にしてもらっているなと改めて気づかされました。

いろいろあるけれど、詩と過ごす時間は楽しいものばかり。

こうやって、いままでの育児を振り返る時間をもつって大切だなぁ。

 

これから、ハイハイがはじまり、つかまり立ちをし、歩き出し…

どんどんと成長する姿を見守るのが楽しみです。

 

詩がたのしく、すこやかに成長しますように。

 

 

初めての子育て。

わからないことばかりで、不安でたまらない半年でした。

 

コロナ禍の昨今、気軽に出かけることもできず、支援センターもおやすみに。

雪が積もる長野では、お散歩も気軽にいけず。

母と娘、二人だけでおうちで過ごす毎日。

 

成長曲線の下のラインを緩やかになぞるように成長している詩。

体重が軽すぎると指摘されて落ち込んだり、

離乳食を食べてくれなくて焦ったり、

他人と比べるものではないと分かっているけれどもやもや。

 

日中は布団で寝てくれず、抱っこで揺れる毎日。

これは半年たった今でも変わらないのだけれど。

 

これでいいのかな、こんなので大丈夫なのかな…

毎日不安で不安でたまらないけれど。

 

大きな声を出して笑い、笑顔でわたしの元へずり這いで来てくれる詩の姿を見て、わたしの想いはちゃんと伝わっているのだなと思ったりするのでした。

詩とわたしが笑顔なら、きっと大丈夫。

 

そう言い聞かせて、今日も夜泣きの詩と夜更かしです。