I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

夏を迎える準備をしよう

遅れてきた梅雨も明け、すっかり夏模様。

昨年は出産で大阪へ帰省していたため、長野で過ごす初めての夏です。

 

広い空と、青々とした山、そして入道雲…

絵に描いたような夏景色にうっとりとしてしまいます。

 

重い腰を上げて、夏を迎える準備をしたいと思います。

季節の花を飾る

スーパーで2本380円のひまわりを発見!

短く切って、IKEAのミルクピッチャーに活けてみます。

 

2本だけど、十分な存在感です。

 

子どもが生まれてから水換えが面倒臭くて、あまりお花を飾らなくなったのですが…

2本だけならすぐ変えられるし、手軽でいい!

ついつい欲張ってプチブーケで買いがちですが、2-3本のお花を飾るのもいいかも。

 

ミモザがいなくなってから空いていた、しろくま貯金箱の横に飾ってみる。

うん、夏らしくていい感じ!

 

先日YouTubeを見ながら編んだ、ひまわり色のベレー帽を乗っけると…

 

ひまわりとお揃いの黄色が可愛らしい!

さらりとしたサマーニットが涼しげです。

レモンシロップを仕込む

我が家の夏の定番です。

水で割ってレモネード、炭酸で割ってレモンスカッシュ、疲れた夜にはお湯で割ってホットレモネード

と、いろいろな楽しみ方ができます。

 

作り方も簡単!

レモンと同量のお砂糖を用意するだけなので、ずぼらなわたしにぴったりです。

 

無農薬レモンが手に入らなかったので、皮を剥いて輪切りにしていきます。

小さい容器なので、レモンは3個!

どんどん切っていきます。

 

切ったら、レモンと同じ量の氷砂糖を用意して。

消毒しておいた瓶に、レモンと氷砂糖が交互の層になるように詰めていきます。

 

詩が大きくなったら、ふたりでやっても楽しめそう。

みんなで飲むなら、もう少し大きい瓶を買ってもいいかもなぁ。

そんなことを考えながら、もくもくと詰め込んでいきます。

 

あとは日陰に置いて、日に2度ほど瓶を振って、氷砂糖が溶けるのを待つだけ。

少ない量なので、2日もあれば飲み頃です。

 

夏の億劫なお出かけも、帰宅後のレモンスカッシュを楽しみに頑張れる!

かき氷にかけても涼やかでいいなぁ…

楽しみが広がります。

夏野菜を食べる

f:id:a418:20220801151715j:image

きゅうりと茗荷が手に入ったので、お漬物を。

先日買った、漬物鉢の出番がやってきました!

 

f:id:a418:20220801151702j:image

きゅうりは乱切り、茗荷は千切りにして…

さっぱりと食べたいから浅漬けにしていきます。

 

f:id:a418:20220801151728j:image

夏バテで食欲がない日にも、浅漬けは強い味方!

浅漬けだからすぐに浸かるし、小皿に入れて出したら立派な1品に◎

 

作り置きにも、夏野菜を。

茹でたオクラを、白だしと水、わさびを入れた漬け汁に浸すだけ。

 

ほんのり効いたわさびが、白ごはんにもお酒にもぴったり!

夏には絶対に仕込んでおく常備菜です。

ガラスの器をつかう

f:id:a418:20220804160753j:image

夏には涼しげな器で涼をとるのも楽しい!

 

千葉さんが美味しい桃をもらってきてくれたので、1/4を離乳食につかって、残りはわたしがいただきます。

 

桃とカッテージチーズを器に盛って、オリーブオイルをたらり。

隠し味にシロップ作りで余ったレモンの皮を散らしてみました。

 

レモンの皮の爽やかな酸味が堪らない…!

絶妙な組み合わせです。

風鈴を飾る

ムシムシと暑い、盆地の夏。

風鈴を出して、聴覚からも涼をとろうかな。

 

夕方になり、気温も少しずつ下がってきて…

窓を開けても涼しさを感じる時間帯に。

 

涼しげな音色

揺れる短冊も見ていて涼やかです。

 

3RD CERAMICSの風鈴は、去年の誕生日に千葉さんにプレゼントしてもらったもの。

陶磁器でできています。

 

ざらりとした素材が、涼やかでおしゃれです。

音もすこし低くて、落ち着く音色でお気に入り。

おわりに

夏を迎える準備をしていたら、気づけば日が暮れてしまいした。

重い腰を上げてようやく夏を迎える準備をしたけれど、夕暮れにはもうひぐらしの鳴き声が聞こえるように。

秋も近いのかしら。

 

カナカナと鳴く声を聴きながら詩と散歩をするのが、最近の日課です。

 

忙しい毎日に季節を忘れそうになるけれど…

小さな季節仕事を忍ばせて、日常を大切に過ごせたらいいなと思うのです。