I am

わたしらしくを探すブログ

ひまわりの海を眺めてきた

f:id:a418:20220815212504j:image

夏生まれなのに、夏が苦手。

ゆえに、夏は出不精になってしまいがちです。

とくに今年は、子どもを暑いところに連れ出すのは…と言い訳をして、朝晩の散歩以外はおうちにこもっていました。

 

千葉さんもせっかくお休みだし、夏らしいことがしたい!

ということで、ひまわり畑に行ってきました。

ひまわりの海を眺めてきた

夏になると、なぜだかひまわりが見たくなる。

わたしの中にある”夏”の概念が、青空と白い雲とひまわりなのだと思う。

夏は苦手なんだけれど、概念としての夏はとても好き。

 

2年前の私も、夏休みっぽいことをするためにひまわり畑にいってる!

発想がなにひとつ変わっていないことに、思わず笑ってしまいます。

 

詩を連れているので、ひまわりに埋もれるのはなかなかに難しく…

今年は遠くから眺めることに。

切り株にちょこんと座って、小人みたい。

 

f:id:a418:20220815212522j:image

最近のブームは草を引きちぎることなので、ぶちぶちと草を抜いていました。

花を愛でる、なんてまだまだ先なんだろうか…


f:id:a418:20220815212432j:image

後ろにはこんなにいっぱいのひまわりたち!

力強く空を仰いでいて、見ていると元気をもらえる気がします。

 

f:id:a418:20220815212748j:image

1歳間近だけど、まだ7.2kgしかない詩

身長も68cmとおちびちゃん。

 

周りに比べると身体の成長がゆっくりで、やきもきしちゃうけれど。

こうやってまだまだ高い高いを楽しめるので、それもまた好きかな。

 

来年は一緒にひまわりの海にダイブできるといいね。

 

長野に来てからというもの、概念の夏に溢れていてなかなかに楽しい。

「夏休みみたい」が口癖になりました。

 

そんな長野の夏も、朝晩がひんやりとしてきて秋が近づいてきている予感。

夏が去ると思うと、途端に名残惜しくなってくる。

夏の味覚をたらふく食べて、暑さもほどよく堪能して…

次の季節を迎える準備をしていきたいと思います。