I am

わたしらしくを探すブログ

温泉に浸かる猿を眺めてきた

そうだ、温泉に浸かる猿を見に行こう。

戸隠神社への初詣からの帰り道、千葉さんに提案されました。
今年の長野は雪が比較的少ないから、地獄谷温泉も歩きやすいのではないかということみたい。

家にいてもゴロゴロするだけだし、それじゃあということで行ってきました。

温泉に浸かる猿を眺めてきた

雪は少ないと言うけれど。
普通に雪はどっさり、溶けた雪で道路はツルツル。
バックした拍子に横滑りした車もいて、ヒヤヒヤする道。

 

生まれた時から雪と共に過ごしてきた娘もたじたじ。
千葉さんの腕を掴んで必死に転ばないように歩いています。

わたしは詩に触れられたら転ぶからと、1人後ろからゆっくりと後を追っていました。

 

雪道にびびっているなぁと思ったのも束の間、普通にトコトコ歩き出していました。
まだ踏み固められていないふわふわな雪道を発見して、雪を踏む音を堪能していました。

「サクサクいってる!」とご機嫌です。

 

針葉樹と雪景色は、幻想的。
外国の方に人気のスポットだから、聞こえるのも外国語ばかり。
まるで、フィンランドの森に迷い込んだような感覚です。

2kmを千葉さんとわたしで交互に抱っこしつつ、ようやく地獄谷温泉へ
可愛いお猿のダルマでお出迎え。

ここまで来ると、雪がいっそう深くなっています。

 

少し並んでチケットを買って、いざ地獄谷野猿公苑へ

 

さっそく、温泉に浸かる猿を発見
というか、やはり寒いのかたくさんの猿が温泉に浸かっていました。

この子は親子みたいで、子猿が母サル毛繕いをしていました。
「おさるさんさむいからおふろはいってるんだね」と娘

 

お母さんと抱っこされる子猿
おんなじポーズで詩と写真を撮ったら興味深そうに近づいてきてくれました。
わたしはおっかなびっくりだったけど、娘は嬉しそう。肝が座ってるなぁ。

 

温泉に入りながら物思いに耽る姿は、なにかのポスターになりそう。

 

温泉に入ったら目をつぶってうっとりするのは、人間も猿も一緒。
見ているこっちもなんだかいい気持ち。

お風呂大好きな娘も「さむくなっちゃったし、かえったらおふろはいろう!」とお風呂恋しくなっていました。

 

この子は手を揃えてうっとり。
かわいすぎる!!

 

夫婦で毛繕いしながら温泉に入っている姿も。
いいなぁと思っていたら…

 

子どもも乱入して、2人がかりで毛繕いをしていました。
素敵な家族団欒を見て、ほっこり。

 

「つるつるする!」なんて言いながら歩く人間たちを眺めるお猿さん。
お猿さんに見送られながら、来た道を帰ります。

 

帰りは来た時よりもさらにハード!
ふわふわの雪は、気温が上がって溶け、踏み固められ、ツルツルに。
滑り落ちる人たちも多くいて、ヒヤヒヤです。

 

陽が照ってきて余計滑りやすくなった道をなんとか戻ってきました。
冷えた体を温めたくて、ENZA CAFEでテイクアウト

 

看板を見て気になっていた、ホットチョコレート
甘いものは疲れをとってくれる気がします。
冷えた体に染み渡る〜

 

大きくてサクサクのアップルパイも買ってしまいました。
さっそく詩に齧られる。
美味しかったらしく、半分以上詩に食べられちゃいました。

 

気持ちよさそうに温泉に浸かるお猿さんを見られて大満足!
娘も雪遊びが楽しかったらしく、上機嫌でした。

 

長野市内からはちょっと遠いけれど、冬にしかみられない景色があるのでぜひ!