I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

#life 人生を見つめる16の質問

わたしのGWのテーマは「自分と向き合う

GWが終わっても引き続き取り組んでいます。

最後の今日は、人生を考える質問!

これからとこれまでを見つめ直し、どんな人生を送りたいかを自問自答します。

 

気になる方はHimalayaを聞いてみてください。

質問85 人生のターニングポイントとそこから学んだこと - 「 リアル回答!100の質問ノート 」- オーディオブック | himalaya

#life 人生を見つめる16の質問

f:id:a418:20210517234505j:image

人生のターニングポイントとそこから学んだこと

01 中学1年生

この頃学校に行けなくなってしまって、世界が180°変わった。
普通に生きられない、人とは違うという焦燥感で気が狂いそうだった。
今まで当たり前だと思っていたことが、当たり前にできない自分に絶望した。

でも、学校に行かない世界もあるんだなって、ある意味で道が開けた部分もあって。
まだ自分の中でこの頃のことは消化できていないのだけど…
いい意味でも悪い意味でも、一番のターニングポイントだったと思う。

人生ままならないことがあるということ、それでもなんとか進む道はあるということを学んだ。

 

02 大学入学

やりたいことがなかったから、資格が取れて、これから需要が高くなりそうな学部で、一番興味が湧きそうなことと思って学科を選んだ。
志望校も、当時仲の良かった友達が受けるからという理由で選んだ。

そんな消極的な理由だったから、学生生活はあまり期待していなかったのだけど、いい先生や友達と出会って、充実した学生生活を送れた。

女子大ならではの気の使わなさで全力で勉強できたし、ジェンダーについてなど、当時では珍しい視点を学べたのもよかった。

自分に閉じこもってばかりいてもよくない、興味があることを学ぶのは楽しいということがわかった。

 

03 会社入社

大学とはなにひとつ関係のない会社に入社して、まわりは大学でそういうことを学んでいた人も多くて気後れしたけれど。
人柄採用と言われるぐらいいい人が多い会社で、人に恵まれたなと思った。

個人的に、千葉さんと出会えたことが一番大きくて。
この会社に入れてよかったなと今でも思っている。

人生での失敗談とそれをどう活かしたか

01 倒れるまで働いた

合格点を決めてそこを超えたら体調を優先する

「ここまでやれば合格」というラインを決める。

体調が悪い、気持ちがしんどければそこでとりあえずOKということにしていた。

 

02 人との縁を長く保てない

何気ない連絡をしてみる

今でも保ててないんだけど…

自分が何気ない連絡をもらうと嬉しいから、「こんな連絡していいのかな」と考えず、えいっと送ることにしている。

 

失敗したことは多いんだけど、今活かせていることがあまりなくて2個でギブアップ。

人生での成功談とそこから学んだこと

01 大学合格

「志望校厳しいと思う」と担任に言われたけど、気にせず受けてよかった

人の言葉を気にするわたしだけど、この時は気にせず受けてよかったと思う。

大学は滑り止めも受けられたから「受けるだけ受けよう」と思えたのだけど、人生も人の言葉を気にしすぎず行動してもいいのかもと思った。

 

02 千葉さんと付き合ったこと

直感を信じて飛び込んでみてよかった

千葉さんに告白されたのが出会ってすぐだったので、「ん?」と思ったのだけど、あの時直感を信じて付き合ってみて正解だったなと思う。

 

03 ブログを始めたこと

小さな行動で自分は変わる

本当に小さいことなんだけど、ブログをはじめてから考え方や行動が変わってきた。

ブログをはじめて、いろんな人と出会えてよかった!

人生で大切にしたいことベスト3 

01 大切な人たち

家族や友だちとの時間や縁を大切にしたい。

 

02 ひとりの時間

人と関わることも大事だけど、自分のことも大切にしたい。

家族ができても、自分の時間は大切にしたい。

 

03 健康

肉体的にも精神的にも、ヘルシーでいたい。

病気にならないのはもちろんだけど。

心がどんよりしたり身体がなんとなく重いみたいな、マイナートラブルもなくして、軽やかに過ごしたい。

人生のモットー3つ

01 無理をしない

中学、社会人と、無理をしてポキッと折れてしまい、一度折れると元に戻るのにすごく時間がかかるというのも学んだから。

結果を出すことはもちろん大事だけど、自分を整えられはじめてできること。
無理をしているという感覚なく突然体調を崩すので、定期的に力を抜く場面をつくるようにしている。

 

02 やりたいことをやる

中高生時代をまともに過ごしていないせいか、人生経験が圧倒的に乏しい。
やってはいけない、自分はできないと制限をかけていることも多いと気づいた。

できないと決めつけてやらないことは簡単だけど、それでコンプレックスを拗らせたり、うじうじ悩むくらいなら、やりたいことは全部経験してしまおう!
ということで、やりたいことリストを作って、実践するようにしている。

 

03 人とのつながりを大切にする

波乱万丈な生活を送ってきたけれど、それなりに形になっているのは人の支えがあったから。
縁が続いている人も、残念ながら途切れてしまった人もいるけれど。
人との出会いが今の自分を作ってくれていると思う。

なかなか実践できていないけれど、人生は人との出会いだなと思うから、大切にしたいモットー。

理想の生き方を体現している3人

01 サチエさん / かもめ食堂

ふわっとした理由でフィンランドへ飛び、食堂をひらく行動力。
淡々としているように見えるけれど、しっかり芯はある。

なにが自分にとって大切かをちゃんとわかっていて、自分に足りないものは人の話を聞いて取り入れる。
「自分」をよくわかっている人だなと憧れる。

 

02 石田ゆり子さん

石田さんをよく知っているわけじゃないけど…

いつも笑って、楽しそうに過ごしていらっしゃる姿はとても魅力的!

「お金って紙だから、紙がいっぱい残っているか、経験があるかだから、経験に換えていきたい」という言葉を聞いて、こういう考え方をしたいなぁと思った。

 

「顔が憧れ」「仕草が素敵」「こんな考え方をしたい」と部分部分で憧れることはあるけれど、生き方を体現と言われるとかなり悩んだ。

人生10年ごとのテーマやタイトルをつけるなら

10代 葛藤と学び

自分自身のこと、家族とのこと、社会とのことに葛藤した10代。
自分の力で切り開けること、でもどうにもならないことがあることも学んだ。

 

20代 自分探しと得る

自分はどんな人間か、今後どうなっていきたいかを考えた20代。
いろんな人から与えてもらって、知識や経験、安心感を得た。

 

30代 自己実現と与える

いままで自分はどんな人間か、どうなりたいかを考えたので、30代は実現に向けて行動していきたい。
与えてもらった20代とは違い、自分の持っているものを人に与えられるような10年にしたい。

 

40代 自己確立と支える

30代行動したことをもっと洗練させて、確立していきたい。

与えるタームから、人を支えるタームへ変化したい。

 

50代 現状維持と見守る

身体や環境の変化が多いだろうと予想される50代、いままで得たものを崩さず維持できるように注力したい。

支えてきた手を離し、見守るタームへ。

 

60代 新たな自分と残す

自己を探求し確立してきたこれまで。
自分の中の王道や正解があると思うけれど、それを見直したい。
自分の価値観に固執していないか、遅れていないかを点検する時期へ。

わたしの得たものを残すというタームへ。

10年後の自分に聞きたいこと・伝えたいこと

▽聞きたいこと

今、後悔していること

あんまり先のことを聞くと、今を一生懸命生きなくなる気がするからあまり興味がないんだけど…

「親にもっと連絡しておけばよかった」みたいな心残りがあれば、今のわたしが引き受けるから聞いておきたい。

 

▽伝えたいこと

わたしなりに頑張るから!

今のわたしの行動が未来の自分をつくっているわけだから、わたしなりに頑張ってるから今の状況嘆かないでねみたいな感じのことを伝えたい。

10年後の自分からの言葉

もっと目の前のことに集中しなさい

先のことが気になって、今に集中できていないことが多いから。

「いまのわたしはこんな感じだから心配しなくて大丈夫。目の前のことに集中して楽しみなさい」みたいなことを言うと思う。

10年前の自分へのメッセージ

なるようになるから、安心して

18歳のわたしは、先が見えなくて鬱々としていたから、大変なこともあるけどそれなりになってきたよって伝えたいかな。

1 3 5年がどうなっていたいか

▽1年後

子どものいる生活に慣れて、忙しくも楽しい毎日を送る

 

▽3年後

家族との生活をより充実したものにする

 

▽5年後 

先を見据え、働く自分を考え出す

 

仕事だとビジョンが見えやすいけれど、日常生活って不確定要素が多すぎて難しい。

もし今日が人生最後の日だったら

大切な人と会って、美味しいものを食べる

1ヶ月前なら旅行とか、見れなかった映画とか積読を消化したりするんだろうけど…
今日が最後となったら、とにかく大切な人に気持ちを伝えたい!
感謝を伝えて、美味しいもので心と身体を満たして最後を迎えたいかな。

亡くなった後どんな人だったと言われたいか

「なんかいつも楽しそうだったよね」

思い出した時に、笑ってるわたしを思い出してほしくって。
「変な人だったよね」「いい加減な人だったな」とかでもいいんだけど
とにかく顎上げて大口開けて笑ってる姿を思い出してもらえたら嬉しいかな。

自分の墓跡に彫りたい言葉

終わりよければすべてよし

全然思いつかなくて…
説教くさい言葉も嫌だし、ありがとうとかもなぁと思って。
墓参りに来た人が「まぁ、そうかもな」と思って軽くなるような言葉を入れたいなぁと。

人生にタイトルをつけるとするなら

わたしはわたし

やりたいことを全部やるとか、そういうのにしようかなと思ったけれど…
結局、わたしの人生のテーマってこれだと思う。
人と比べたり、自分が嫌だったりするけれど、でも結局わたしはわたし。

やりたいことをやるのも、結局「わたしらしい」を模索するため。
ブログのタイトルにも通じるなあと思ったのでした。

この世に生まれてきた意味・魂の目的

大切な人たちに出会うため

何かをつくるためとか、人に何かを伝えるためみたいな
わたしの持つ使命?みたいなのは、ない気がして。
大きな目的のためじゃなくて、素敵な人やものと出会うためふらっと生まれたんだろうなという気がします。

 

〰︎

 

最後の質問は、これまでとこれからを見つめる質問でした。 

答えてみるといままで思ってなかったようなことが思い浮かんで、びっくりしました。

 

人生10年ごとのテーマやタイトルの質問が、わたしとしては結構意外!

「残す」という言葉が出てきたのが驚きで…

人になにか残したいという気持ちが自分にあったんだなと気づいたとともに、「じゃあなにを残そう?」と考えるきっかけになりました。

おわりに

100個の質問を終えました。 

自分の内面を深掘りできて、いいわたしも悪いわたしも発見できました。

久々の対話、楽しかったです!

 

いままで考えたことのなかった質問もあって、自分でも「わたしってこんなこと考えてたんだ」とびっくりしました。

よくある質問だけじゃなくて、おもしろかったです。

 

この質問は、5年ごととかで定期的に見つめ直すとおもしろそう!

ぜひみなさんも、自分としっかり対話する時間を設けてみては?