I am

日常のちょっとしたキラキラを切り取るブログ

我が家のひな人形

こんばんは、葵です。

結婚してから、桃の節句にはちらし寿司や手鞠ずしを食べていましたが…

娘が生まれた今年からは、しっかりとお祝いを。

 

ということで、我が家にひな人形をお迎えしました。

我が家のひな人形

f:id:a418:20220215214735j:image

実は、ひな人形を飾るのは初めて…!

うちの実家にはひな人形がなかったのです。

実家も転勤族だったのですが、当時は今みたいにコンパクトな親王飾りは売られておらず、買えなかったみたいです。

 

なので、嵩張らないけれど、伝統的であり、存在感のあるひな人形をお迎えしたい…!

ひな雛さんの雛人形をセミオーダーしました。

 

f:id:a418:20220215215246j:image

お顔は現代的なものを選びました。

ふくふくとしていて、どことなく詩に似ている。

可愛らしいけれど、凛としているところがお気に入りです。

 

f:id:a418:20220215214749j:image

紅白の華やかな衣装に一目惚れ。

シンプルだけど、華やかでモダンな印象です。

 

両掌にすっぽりと乗る大きさで、大きすぎず、小さすぎず。

存在感があって、見るたびににんまりしちゃう。

 

f:id:a418:20220215215231j:image

華やかさが欲しいという千葉さんの意見を取り入れて、金屏風を買いましたが…

 

屏風をはずすと、とてもシンプル!

これだと我が家のインテリアにさらに馴染んでくれます。

 

これはこれで可愛らしいので、日によって屏風を出したりしまったりしていました。

 

f:id:a418:20220228221357j:plain

初めてのひな人形に、主役である詩を差し置いて大はしゃぎしてしまっています。

 

せっかくの初節句、家族みんなでこれからの健やかな成長を祝いたい!

今日は千葉さんの帰宅が22時を過ぎるということで、お祝いは週末までお預け。

 

早く片付けないと婚期が遅れるというけれど…

それをいうならば、雛人形がなかったわたしは一生結婚できなかったはず。

これから何十年飾っていくうちの2日なので、もう誤差の範囲でしょということで。

 

我が家の雛人形

これから末長く、詩の健やかな成長を見守ってね。