I am

わたしらしくを探すブログ

わたしの「心地よい」を探して

毎日詩とふたり向かい合っていると、疲れることもしばしば。
だけど疲れたからと休んでいられないのが母親

以前風邪をひき、数日ダウンしてしてしまうことがあったのですが、わたしが体調不良でももちろん詩は元気、千葉さんはお仕事。
寝ていたら治るのに…と思ってもそうはいかなくて。
結局、数日間ダラダラと体調不良を引きずったのでした。

 

わたしが倒れると我が家が回らなくなるから、わたしが心身ともに元気よくいられることが大切だなと思うのです。

わたしの「心地よい」を探して

そんな経験を経てたどり着いたのはわたしの「心地よい」を大切にしたいということ。

母親なんだから、自分の心地よいは後回しでは…?と思っていたのだけど、わたしが元気で穏やかであることが、家庭円満のカギなんじゃないかなと思い始めたのです。
必要以上に自分を後回しにすると「わたしばっかり我慢している…」って、ついつい八つ当たりモードに突入しちゃうし。

 

ということで、わたしの心地よいを探してみることにしました。

花を飾る

月初めに、お花を買って飾っています。
最近はもっぱら、Flowerさんのロスレスブーケ
季節のお花が目に入ると、心が華やぎます。

 

花の水を換える余裕は持っておきたいなぁと思うのですが、忙しいと忘れがちで…
花の水換えの有無は、心の余裕のバロメーターになっているかも。

最近は詩が意思表示してくれるようになったので、2人でお花を選んでもいいかな。

ゆっくり眠る

寝不足になるとすこぶる機嫌が悪くなることに、30歳になって気づきました。
いままで蔑ろにしてきたけれど、近頃はしっかり眠れるように早寝を心がけています。

 

あまりにも疲れが取れない時は、わたしだけ別の部屋で寝る日も。
まとまって睡眠時間が確保できるので心も体もすっきり!

 

詩は千葉さんが起きる時間に一緒に起きて、わたしを起こしてくれます。
朝からわたしの機嫌も良くて、詩の笑顔も心なしか増えました。

外を散歩する

一歩も外に出なかった日は、なんだか思考が後ろ向きに。
反対に、朝から憂鬱な時でも、詩と散歩に出掛けてみると心が晴れることも。

陽の光を浴びるのって大切なんだなぁって改めて気付かされました。

 

詩と近所の公園に出かけたり、買い物に出かけたり…1日30分でもお外を歩けると、気持ちが前向きに。

雨の日でも、ベランダに出て伸びをしたり、深呼吸をしたりしています。

美味しいものを食べる

結局一番手っ取り早く心が回復するのは、美味しいもの!
幸せホルモンが出て、にっこり笑顔になれるのです。

 

詩のおやつの時間に、一緒に食べるのが最近の楽しみ。
おかげでぷくぷくと太ってきてるけど。
体重増加は心地よいを邪魔するので、おやつは週1にするとかメリハリをつけねばと思う日々です。

リビングとキッチンはリセットする

毎晩寝かしつけを終えて自由時間を楽しむ前に、リビングとキッチンを綺麗にするようにしています。
散らかっていると、目からの情報が多すぎてなんだかイライラしちゃうから、この2箇所だけは片付けて1日を終えるようにしています。

 

掃除はゴールがわかりやすくて、目に見えて成果が出るのが好き。
育児は自分のしてきたことが目に見える形になるにはラグがあるから、日々の生活で達成感を得ることってなかなかなくて。
日々の育児では得られない分類の満足感を得ることができるというか…

 

他の部屋の掃除はできていなくても、とりあえずここさえ綺麗ならOKということにしています。

空気を入れ替える

冬の日、寒いからと窓を閉め切っていたら、なんだか気持ちがどんよりしてきて。
一度思い切って風を通してみたら、息がしやすくなった気がしたんです。

 

それから、最低朝晩は空気を入れ替えるようにしています。
今の季節は、1日窓を開けっぱなしに。
車の行き交う音や踏切の音、子どもの笑い声なんかを聞くと、社会とちゃんと繋がれている気がしてくる。

 

なんだそれと思われるかもしれないけれど、子育てをしていると、この世に娘とわたし2人なんじゃないかと思うような日もあって。
そんななか、人の生活を営む音って心に寄り添ってくれたりするんです。

そういう意味でも季節問わず窓を開けて、家と心の風通しをよくしています。

音楽をかける、歌う

TVはつけたくないけれど、なんだか今日は詩に喋りかける元気がないという日は、音楽をかけています。
童謡だったり、流行りの曲だったり、懐メロだったり、日によっていろいろと。
歌っていると娘も楽しいのか、横で踊っていることも。

 

大きな声を出すと、心のモヤモヤも一緒にポンっと出ていく感覚もあるので、モヤモヤがおさまらない日はとにかく歌うようにしています。

 

最近はわたしの好きな曲をかけると「アンパン!」と娘に怒られるので、もっぱらアンパンマンたいそうばかり歌っています。笑

人と話す

わたしは人と喋らなくても平気な人間だと思っていたのですが、どうやら違ったようです。
3週間くらい詩と千葉さんとしか話していないと、なんだか気が滅入る。
会話って思ったより大事なんだなって思ったのでした。

 

支援センターなどで保育士さんと喋ったり、電話で友人と喋ったり、母や弟とラインで何気ない会話を楽しんだり…
細くてもいいから、人との繋がりを離さないようにしています。

 

あと、わたしの頭はよくこんがらがるのですが、それも人との会話を通じてゆっくりとほどけていくことが多くって。
思考が鈍くなってきたな、考えがループしているなと思ったら、気心の知れた人に吐き出すようにしています。

ひとりの時間を大切にする

とにかく大事…!
詩は可愛いけれど、四六時中一緒だとやっぱり疲れる。
なんとかして、ひとりの時間を確保したいところです。


といっても、昔みたいに纏まった時間はなかなか取れないので、束の間のひとり時間だけど。
詩の昼寝の時間、寝かしつけ後の千葉さんが帰ってくるまでの短い時間…

そんなすきま時間にできる、ちょこっとしたやりたいことを日々貯めています。

ストレッチで心と身体をほぐす

代謝をあげるためにストレッチをはじめたのですが、思いのほか気持ちよくて。
ガチガチに固まっている身体がほぐれるごとに、心もほぐれてくるのを実感します。

 

ゆっくりとほぐしていくと頭にのぼっていた血が降りてくるような…
カッカしていた自分がすぅっと冷静になって、手先足先がポカポカとあたたまるのを味わえたりします。

 

血と気を巡らせるためにも、ストレッチっていいなって再認識。
寝起きや寝る前に取り入れています。

移動中にポッドキャスト

育児していると、目は子どもを追うのに使うので空いていないんですよね。
だから、TVを見る機会がグッと減りました。

 

かわりに、ポッドキャストを聴いています。
公園への移動中、家事の最中に流すのにとてもよくって。
いろいろな番組を聴いて、お気に入りをさがしているところです。

 

よく聞くのは、北欧、暮らしの道具店さんの『チャポンと行こう!』と、すぎべさんの『ママが自分を取り戻すラジオ』

 

おわりに

ささやかで取り入れやすいけれど、忙しいとあとまわしにしちゃう心地よさを集めてみました。
わたしはこれらが満たされていると、心の安寧につながる。
逆にかけると、心がぐらついちゃう。

 

案外、心のバランスって脆いものなんですよね。
だからこそ、こうやって意識して、バランスをとっていきたいものです。

 

 

円満って言葉がわたしは好きで。
物事のようすや人柄などが、調和がとれていて穏やかなことって意味なんだけれど、他にも「まるく満ちていること」っていうのがあって。

 

まるく満ちるってなんかいい。
なんかふっくらとしているような、優しくて柔らかな感じがする。

お家の中が、そんな優しい場所になるといいなって思うのです。